現地19日、スウェーデン/ボースダードで開催されているスウェーデン・オープンでシングルス2回戦が行われ、第8シードで出場しているダビド・フェレール(スペイン)がダスティン・ブラウン(ドイツ)を6-2,6-3のストレートで下し準々決勝進出を果たした。

これでフェレールとブラウンの対戦成績はフェレールの5戦全勝となった。

フェレールとブラウンは昨年も本大会の準々決勝で対戦しており、その時もフェレールが勝利したものの倒すのに3セットを使った。しかし、今回は4回掴んだブレークポイントの内の全てを活かし、僅か1時間5分で試合を制した。

フェレールは2007年、2012年に続く3回目の優勝を狙っている。

準々決勝でフェレールは、第3シードで出場していたパブロ・クエバス(ウルグアイ)を6-4,6-3で下したアンリ・ラークソネン(スイス)と対戦する。

世界ランキング100位のラークソネンは、2014年には優勝もしているクエバスを相手に優々とプレイし、自身初となる準々決勝進出を決めた。

ATPによるとラークソネンは「相手はクレーコートを得意としている選手だ。僕はアグレッシブで居続けなければならなかった。今日は勝てて本当に嬉しい。まだまだ勝ちたい」と語っている。

(選手コメント引用元:http://www.atpworldtour.com/en/news/carreno-busta-cuevas-ferrer-bastad-2017-wednesday)