現地27日、ドイツ/ハンブルクで開催されているドイツ・テニス選手権でシングルス2回戦が行われ、予選通過で出場しているフェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)が第8シードで出場していたダビド・フェレール(スペイン)を7-5,6-3のストレートで下すアップセットを起こし、準々決勝進出を果たした。

第1セットではフェレールが開始早々にブレーク、更に第5ゲームもブレークしフェレールが5-1とリードするも、そこからデルボニスが6ゲームを連取しセットを奪った。

第2セットでも第1ゲームをフェレールが先にブレークするが、デルボニスが第4ゲームをブレークバック、更に第6ゲームをブレーク。第7ゲームをフェレールがブレークバックすることに成功するが更に第8ゲームをブレークしたデルボニスが1時間4分で試合を制した。

ATPによるとデルボニスは「第1セット、1-5と追い詰められた時、少し自分のプレイを変えたんだ。ラリーのペースを落とした。第2セットでも同じ戦略で攻めたよ」と試合を振り返った。

デルボニスは準々決勝で、アリャズ・ベデネ(イギリス)を7-6(4),5-7,6-4で下した第3シードで出場しているカレン・カチャノフ(ロシア)と対戦する。

(選手コメント引用元:http://www.atpworldtour.com/en/news/khachanov-simon-hamburg-2017-thursday)