現地15日、イタリア/トリノで開催されているATPファイナルズでシングルス予選ラウンドロビン2日目が行われ、トップシードのノヴァック・ジョコビッチ(セルビア)が第8シードのキャスパー・ルード(ノルウェー)に7-6(4),6-2で勝利を収めた。

ジョコビッチは試合開始直後にブレークを奪われるも、第6ゲームでブレークバックに成功。タイブレークを制して第1セットを先取すると、リズムを取り戻した第2セットでは2度のブレークを奪い、90分で試合を制した。

ATPによると、ジョコビッチは「第1ゲームのブレークポイントで転んでしまったが、そこから盛り返すことができた。すごく変な感じだったね。良いフォアを打った後にネットに出たら、足を滑らせてラケットを落とし、サービスゲームを落としてしまった。ここのコンディションはすごく難しい。サービスゲームでブレークを許すと、取り返すのは難しい。だが、落ち着いていられた。試合の対応に満足している」と語った。

ジョコビッチはこれまで本大会を5度制しているが、最後にトロフィーを掲げたのは2015年。今大会ではロジャー・フェデラー(スイス)に並ぶ6度目の優勝を目指している。

ジョコビッチは全米オープン決勝で敗れ、悲願の年間グランドスラムはならなかったが、パリ・マスターズを制し、マスターズ最多優勝回数で歴代単独1位になった他、歴代トップとなる7度目の年末ナンバーワンも確定させている。

(コメント引用元:https://www.atptour.com/en/news/djokovic-ruud-turin-2021-monday)