現地17日に開幕する全豪オープン女子シングルスのシード選手が発表された。

[1]アシュレイ・バーティ(オーストラリア)
●2021年のハードコートの成績:21勝4敗
●2021年のハードコートのベスト成績:マイアミ・オープン優勝、ウェスタン&サザン・オープン優勝
●全豪オープンのベスト成績:ベスト4(2020年)
●メモ:先週通算14回目の優勝を果たしたバーティは、最後の3試合で1度もブレークされることなく、35ゲーム連続でキープした。

[2]アリナ・サバレンカ(ベラルーシ)
●2021年のハードコートの成績:25勝12敗
●2021年のハードコートのベスト成績:全米オープンベスト4
●全豪オープンのベスト成績:ベスト16(2021年)
●メモ:世界ランク2位のサバレンカは、今シーズンのスタートは0勝2敗と不調だ。サバレンカが1勝もすることなく全豪オープンに出場するのは、世界ランク146位だった2017年以来となる。

[3]ガルビン・ムグルサ(スペイン)
●2021年のハードコートの成績:35勝12敗
●2021年のハードコートのベスト成績:WTAファイナルズ優勝
●全豪オープンのベスト成績:準優勝(2020年)
●メモ:昨年覇者の大坂なおみと4回戦で対戦した際、マッチポイントを2度掴んだ。

[4]バルボラ・クレチコバ(チェコ)
●2021年のハードコートの成績:26勝14敗
●2021年のハードコートのベスト成績:ドバイ・デューディフリー・テニス選手権準優勝
●全豪オープンのベスト成績:2回戦(2020年、2021年)
●メモ:全豪オープンはクレチコバが唯一ベスト16の成績を残せていないグランドスラムだ。

[5]マリア・サッカリ(ギリシャ)
●2021年のハードコートの成績:28勝15敗
●2021年のハードコートのベスト成績:全米オープンベスト4、WTAファイナルズベスト4
●全豪オープンのベスト成績:ベスト16(2020年)
●メモ:昨年TOP10選手を9回破り、ギリシャの女子選手として初めてTOP10入りした。

[6]アネット・コンタバイト(エストニア)
●2021年のハードコートの成績:39勝12敗
●2021年のハードコートのベスト成績:WTAファイナルズ準優勝、J&Tバンカ・オストラバ・オープン優勝、クレムリン・カップ優勝
●全豪オープンのベスト成績:ベスト8(2020年)

[7]イガ・シフィオンテク(ポーランド)
●2021年のハードコートの成績:20勝11敗
●2021年のハードコートのベスト成績:アデレード国際優勝
●全豪オープンのベスト成績:ベスト16(2020年、2021年)

[8]ポーラ・バドサ(イギリス)
●2021年のハードコートの成績:23勝12敗
●2021年のハードコートのベスト成績:BNPパリバ・オープン優勝、WTAファイナルズベスト4
●全豪オープンのベスト成績:2回戦(2020年)

[9]オンス・ジャバー(チュニジア)
●2021年のハードコートの成績:25勝13敗
●2021年のハードコートのベスト成績:BNPパリバ・オープンベスト4
●全豪オープンのベスト成績:ベスト8(2020年)

[10]アナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)
●2021年のハードコートの成績:17勝15敗
●2021年のハードコートのベスト成績:全米オープンベスト16
●全豪オープンのベスト成績:ベスト8(2017、2019、2020年)

[11]ソフィア・ケネン(アメリカ)
●2021年のハードコートの成績:7勝5敗
●2021年のハードコートのベスト成績:アブダビ・WTAテニス・オープンベスト8
●全豪オープンのベスト成績:優勝(2020年)

[12]エレナ・リバキナ(カザフスタン)
●2021年のハードコートの成績:20勝16敗
●2021年のハードコートのベスト成績:シカゴ・フォール・テニス・クラシックベスト4
●全豪オープンのベスト成績:3回戦(2020年)

[13]大坂なおみ
●2021年のハードコートの成績:16勝4敗
●2021年のハードコートのベスト成績:全豪オープン優勝
●全豪オープンのベスト成績:優勝2回(2019、2021年)

[14]シモーナ・ハレプ(ルーマニア)
●2021年のハードコートの成績:20勝7敗
●2021年のハードコートのベスト成績:全豪オープンベスト8
●全豪オープンのベスト成績:準優勝(2018年)

[15]エリーナ・スヴィトリーナ(ウクライナ)
●2021年のハードコートの成績:31勝13敗
●2021年のハードコートのベスト成績:全米オープンベスト8、マイアミ・オープンベスト4
●全豪オープンのベスト成績:ベスト8(2018、2019年)