現地26日、イスラエル/テルアビブで開催されているテルアビブ・ウォータージェン・オープンでシングルス1回戦が行われ、ワイルドカードのドミニク・ティエム(オーストリア)がラスロ・ジェレ(セルビア)を5-7,7-6(3),6-4で下し、2回戦進出を決めた。

ATPによると、ティエムは「僕は良いスタートを切れなかった。第2セットでブレークに成功して逆転することができて、少しラッキーだったんだ」、「第3セットは本当に苦しかった。今日来てくれた皆に感謝するよ。イスラエルでプレイできるのは素晴らしいね」と語った。

2時間40分の激闘の中、ティエムは第3セットで25本のウィナーと力強いサーブを放ち、ブレークポイントを与えることなく勝負を決めた。ジェレとの対戦成績は1勝1敗となった。

元世界ランク3位のティエムは、今月上旬にフランス/レンヌで開催されたATPチャレンジャー大会で決勝に進出した。

ティエムはシーズン4度目のツアーレベル準々決勝進出をかけ、2回戦で第2シードのマリン・チリッチ(クロアチア)と対戦する。

また、同日行われた1回戦で、ロマン・サフィウリン(ロシア)がユーゴ・グルニエ(フランス)を3-6,6-4,6-2で破った。サフィウリンがツアーレベルで白星をあげたのは、4月のベオグラード・オープンでマイケル・イマー(スウェーデン)を下して以来だ。

(コメント引用元:https://www.atptour.com/en/news/djere-thiem-tel-aviv-2022-monday)