• 新型コロナの長期化を受け、苦境にある飲食店や食品加工業を支援
  • 10億円規模の投資で業界全体をバックアップ
  • 「GOOD EAT CLUB」による支援も

日本のGOOD EATを未来へつなぐ

株式会社グッドイートカンパニーは、新型コロナウイルス感染拡大の影響が長期化している現状を受け、苦境にある飲食店や食品加工業など、日本の食産業を支える事業者に対し、10億円規模の投資事業を開始することを決定した。


グッドイートカンパニーは、飲食店の企画運営などを手がけるカフェ・カンパニー株式会社が株式会社NTTドコモからの出資を受けてスタートさせたもの。食領域のDXを推進し、オンラインとオフラインを融合させた食の新たな体験価値を創造する取り組みを行っている。

「GOOD EATをつなぐ」ことをミッションに、「日本の食を愛する、すべての人の思い・体験・技術を未来につなぎ、世界中へ拡げる」ことを目指し、日本の優れた技術や繊細な味覚とテクノロジーを掛け合わせ、強い食産業を育むインフラの整備、食産業の発展を図ってきた。

今後も匠の技とIT・フードテックの融合で新事業をプロデュースしたり、国内のさまざまな食のストーリーや歴史に関する伝承を進めたりするほか、地域性を尊重した魅力の最大化とPR、リアル店舗とオンラインの連動など既存の枠に縛られない食コミュニティの創造、独自の海外ネットワークを活用した日本食の海外普及と事業展開の加速といった事業を進めていく方針だ。

独自のECサイトを通じた支援も実施

投資事業に加え、自社のコミュニティ型ECサイト「GOOD EAT CLUB」を通じ、飲食関連業者への支援策も展開する。

具体的には、これら事業者の出店料を年内無料とすること、サイトにおける売上の1%を日本の食産業復興に寄付することを挙げた。

フードテックで描く未来

ICTの活用が進みにくい食産業界だが、コロナ禍を通じて改革の必要性を強く実感した経営者・関係者は多いだろう。

次世代へと継承すべき食の知恵や匠の技術、独自の文化を、顧客に喜ばれる新たな食体験の創造とともに、理想的な形で“つなぐ”ことを目指したい。

店通編集部