都が緊急事態宣言を解除しまん延防止重点措置へ移行

オテルニューオータニではいち早く飲み放題キャンペーンをスタート

スピード感を持って機を逃さない姿勢が評価ポイントだ

東京都はまん延防止重点措置へ移行したが…

政府と東京都は2021年6月20日(日)までで緊急事態宣言を解除し6月21日(月)からまん延防止重点措置へ移行した。

これによって都の定める措置区域内にある飲食店では、店内でのアルコール提供が11時から19時までの間で可能となった。

ホテルニューオータニでは、この機に早々とキャンペーンを打ち出している。

2名向けの飲み放題付きビュッフェ

「都民に捧げる"2名90分のスーパー食べ飲み放題"」と銘打ったホテルニューオータニのキャンペーンは、館内レストラン3か所で都が定める「感染拡大防止ガイドライン」に基づいた対策を整え実施される。

3つのビュッフェレストランには、コロナ対策リーダー研修を受けたスタッフが在籍し、研修修了の証しとなる王冠ステッカーの掲示を行う。

最も早く食べ飲み放題プランを再開したガーデンラウンジは、6月21日から昼限定でスパークリングワイン、ワイン(白・赤)、生ビールなどの飲み放題メニューを含む『スーパースイーツビュッフェ2021』を実施している。

昼・夜制で19時まで酒類の提供を行うVIEW & DINING THE SKYは6月25日(金)から、バーベキューやスイーツだけでなく異国情緒溢れるカクテルを特別料金で提供するトレーダーヴィックス東京は6月26日(土)からキャンペーンプランを実施予定だ。

いずれのプランも2名までの90分制と制限を設けながら、店内でのアルコール提供を待ち望んでいたユーザーに対して、スピード感を持って魅力あるプロモーションを打ち出している。

求められる早期対応力

新型コロナウィルスの感染拡大状況により、再度酒類の提供が難しくなることは考えられる。

しかし規制が緩和されたタイミングを逃さないニューオータニの企画・実行力には見習う部分が大きいだろう。

情報収集に励みキャンペーン実施のタイミングを先読みして動くことで、わずかな収益アップも逃さない策を講じている。

どの業種においても、時代に適応した早期対応力の手本となる事例だ。

店通編集部