• なか卯が店内飲食でもモバイルオーダー可能なアプリを導入
  • 券売機に並ぶことなく注文と決済が完了できる
  • なか卯公式アプリの登録者には、お得なキャンペーンも

持ち帰りに続きアプリでの簡単注文を店内でも

ゼンショーグループの株式会社なか卯は、同社が展開する丼ぶりと京風うどんの「なか卯」店舗において、店内飲食でも公式アプリによる「モバイルオーダー」を利用可能としたことを発表した。

一部非対応の店舗もあるが、多くの「なか卯」店舗で券売機に並ばずとも、簡単に注文や決済が行えるようになっている。なおアプリはiPhone版、Android版のいずれも提供されており、無料でダウンロードができる。

なか卯では、今年1月から自宅などからでも持ち帰り商品の注文と会計がアプリ内で簡単に完結させられる、持ち帰り専用の「モバイルオーダー」を導入してきた。今回、これを店内飲食シーンにも対応させ、テーブルのQRコードを読み取りさえすれば、注文・会計ができるものとした。決済は各種クレジットカードやPayPayで行う。

モバイルオーダーユーザーにお得の還元も


なか卯公式アプリの登録者には、モバイルオーダーからの注文限定で「竜田あげ(10個)」を100円引きで購入可能とするなど、お得なクーポンを配信し、さらなるメリットの還元も進めていくとしている。

安心な非接触でスピーディ

店内飲食のシーンでも手持ちのスマートフォンで注文や会計がすぐに済ませられるので、急いでいる時や店内混雑時に券売機に並ぶ必要がなく、スムーズで快適に利用できるメリットがある。

コロナ禍を考えれば共有の機械に触れないため、非接触化が図れるという大きなメリットもあるだろう。使い方も席にあるQRコードを読み取るだけとごく簡単で、誰にとっても使いやすい。

店舗の回転率向上や顧客満足度の改善、人件費を増やすことなく機器負担も減じられるなど、見込まれる効果は広範かつ大きなものになる。 店内のモバイルオーダーシステムは、新たな利用スタイルとして、今後さらに広がっていく可能性があるだろう。

店通編集部