JR東日本は16日、新幹線上野〜大宮間の所要時間短縮に向けた工事を始めると発表した。

新幹線の工事は、上野〜大宮間の時間短縮によるサービス向上が主旨。埼玉県内同区間の新幹線最高時速を現行の110キロから130キロとし、最大1分程度縮める。工事は、騒音対策等のための地上設備として、吸音板を設置するほか、防音壁をかさ上げ。工事区間は、戸田〜北戸田間、南与野〜与野本町間の一部区間で、吸音板は戸田公園〜戸田間、防音壁のかさ上げは与野本町〜北与野間の各一部区間でも行う。工事延長は、吸音板設置が約2キロ、防音壁かさ上げが約1キロ。

工事は、2018年5月下旬に着手し、2年程度かけて行う。速度向上の開始時期、ダイヤ、列車の設定等の詳細は、決まり次第発表するとしている。