京都鉄道博物館とJR貨物はこのほど、北海道の物流を担って活躍する新型機関車、貨車およびコンテナを京都鉄道博物館内で特別展示すると発表した。

展示する機関車は、昨年3月に導入され、北海道新幹線との共用走行区間である青函トンネルとその前後の区間において走行する専用機関車「EH800形」。函館貨物〜東青森駅間で活躍しているため、関西エリアへの入線ならびに展示することは初めてとなる。またコキ107形式コンテナ車2両および各種コンテナも併せて展示する。

展示期間は2018年1月20〜28日。展示場所は京都鉄道博物館本館1階「車両のしくみ/車両工場」。詳細はJR西日本ホームページ内リリースに掲載されている。