RADWIMPSが、TOKYO FMの番組「SCHOOL OF LOCK!」に出演。12月の4週にわたり、期間限定コーナー「RAD LOCKS!」で10代のリスナーに声を届けます。初回となる12月3日の放送では、久しぶりに登場した感想を伝え、11月23日リリースのニューアルバム『FOREVER DAZE』を紹介しました。



野田洋次郎(Vo・G・Piano):(「RAD LOCKS!」は2016年の放送以来)なんか……5年ぶりらしいですよ。

武田祐介(B):5年も経ったか……。

野田:なんか、こんなに何回も(今回で5回目)復活するアーティストは、RADだけらしい。

武田:お〜。最初、僕らがやらせてもらったのが14年前(2007年)とかでしょ。

野田:4回あるので、後々わかってくると思いますけど……武田の滑舌問題というのがありまして。

武田:ええ(笑)。

野田:14年間ね、ずっと尾をひいてるっていう。

武田:噛み続けるっていうね。

野田:でも(勉強中の)中国語は噛まずに言えるって、すごい特技もあるから。

武田:中国語のほうがうまいね、って言われる(笑)。

野田:どっかで披露してよ。

武田:OK、OK。



野田:なんか最近、いいことあった?

武田:最近かぁ……。5年も経つと、子どもなんてものができまして。最近は、パパ、パパって言ってくれてねぇ。

野田:そのうち「SCHOOL OF LOCK!」とか、聴きだすわけでしょ?

武田:そうだよー、楽しみだよね。

野田:ねー、グッとくるよね。僕らが最初に出てたころが、2007年とからしいんすけど……そのころから聴いてくれてる人とかいるのかね?

武田:ねー。そのとき、高校生だから……。

野田:今、30くらい……(笑)。

武田:(笑)。いや(いるのか)、聞いてみたいね。



野田:僕たちRADWIMPSですが、先月、『FOREVER DAZE』というアルバムをリリースしました。

武田:聴いてくれたかな?

野田:「まだ」という人は、聴いてほしいなと思います。デイズというのは「日」の“DAYS”ではなく、「D・A・Z・E」と書きます。“ゆらめき”とか、“めまい”の意味なんだけど……。

武田:うんうん。

野田:……でも、きっと、やっぱり……10代のみんなは、すごい2年間だったよね。

武田:そうだよね。学校に行きたくも行けず……。

野田:大会とか、部活とか、催物とか、修学旅行とか……。彼女とデートするにしても、なかなかしんどい時期だったんじゃないかな。

武田:外に出るのもダメだし。

野田:ほんと、偉いと思う。その怒りのやり場みたいなものを、どこにぶつけていいのかわからないだろうし……想像するだけで、ちょっと苦しくなるというか。

武田:ねぇ〜。

野田:それでもきっと、楽しみだったりを描きながら、生きてるんだろうけど。

武田:自分のできる範囲の中で、ちゃんと見つけて。

野田:大人たちに対する怒りとかね。もし俺が10代だったら、とんでもないものがあるだろうな。そういうのも聞いてみたいですね。

武田:うんうん。

野田:何の話だっけ? 『FOREVER DAZE』の話をしてたんだった(笑)。でも、この2年間、不思議な浮遊感というか、絵空事のような……。現実感のないゆらめきの中をたっていたようなイメージがあって。

武田:うんうんうん。

野田:予定通りになんて、物事いかないしさ。運命にすごい翻弄されながら、生きてるなって思って……。でもこの2年間に限らず、永遠に、運命みたいなモノに翻弄されながら、その都度その都度、生きてくんだろうなって思って……。

武田:うん。

野田:でもその中で、勝手に与えられたりぶん投げられたりしても抗わずに、その上で、どうやって自分らしく生きられるかな、って思ってこういうタイトルにしました。そんなアルバムに、きっとなってると思います。

武田:ぜひ聴いてみてください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年12月11日(土)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長、ぺえ教頭
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55/金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/