禁酒法の時代に、こっそりひそかに経営していたBAR『SPEAKEASY』。2020年の東京の街にも、そんなひそかなバーがありました。月曜から木曜の深夜1時にOPENする“ラジオのなかのBAR”『TOKYO SPEAKEASY』。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

6月16日(火)のお客様は、落語家の春風亭昇太さんと俳優の六角精児さんです。


(左から)六角精児さん、春風亭昇太さん


◆昇太 小劇場のチラシに衝撃
六角:僕はずっと、小劇場の世界にしかいなかったですけど、絶対に師匠が、昔、こちらの世界を観にいらしていたはずなんですよ。それは、何かきっかけはあったのですか?

昇太:いやだって、落語家になるときに、もう1つなりたかった職業は役者さんだったから。

六角:え、そうなんですか!?

昇太:そう。例えば、僕が大学生の頃って、すごい小劇場ブームだったんですよ。

六角:僕のときもそうでした。無数の聞いたことのないような集団が、できては潰れ、できては潰れね。

昇太:大学生のころの僕は、落語のことしか知らなかったから。当時、落語のチラシっていうのが薄っぺらくてさ、すごい安っぽかったんだよ。

六角:わら半紙に似たようなもので印刷されていましたね。そう考えたら、小劇場のチラシはわりと豪華なイメージがありましたな。

昇太:僕は、とにかく小劇場のチラシに驚いて。“何だこれ!?”って。そんな知らない劇団でも、ものすごいちゃんとした紙で印刷されていて。落語会のほうはね、結構な師匠でもペラペラな……。

六角:黄色の紙に白黒のぼやけた写真がありましたよね。あれは、何でなんでしょうかね。

昇太:“そんなものにお金をかけない!”っていう感じだったんだよ。

六角:なるほどね。

昇太:それで、(劇場を)観に行くとさ、客席には綺麗な女の子がいっぱいいるんだよね。それで落語界は、年配の人が多かったのよ。

六角:あぁ、“うるさ型”のような人がわりと多かったりしてね。そういう人が、まぁいい言い方をすれば、いろいろとアドバイスを下さるわけですよね(笑)。

昇太:そうそう。そういう世界だったから、小劇場のすごいキラキラした感じがね……好きなことを作り、それを若い人たちが観にきて。

六角:小さい所でがしゃがしゃやってさ。あとは打ち上げで、あの頃はカラオケなんかないもんだから、皆で肩を組んで肉声で歌を歌ってさ。

昇太:だから、すごい役者さんにあこがれていたんですよ。

六角:それで、小劇場の世界に出入りなさっていたんですね。

昇太:そう。勝手に観に行っていたのね。観に行っていると、知り合いとかできて、打ち上げなんかにも行くようになって……って感じ。

六角:今も、年に何回か舞台に出られる機会があるじゃないですか。じゃあ今もずっと、自分がなりたかった第二候補の役者さんの夢というか、現実を追求しているわけですね。

昇太:そんな感じです。

六角:じゃあ来年も再来年も芝居はやりましょうね。

昇太:そうね。もう六角君とは、ちょこちょこお芝居をやっているんですよね。僕たちが、こうやって本格的に飲むようになったのは、一緒にお芝居をやってからですからね。

六角:そうそう。あるユニットがあって、そのユニットで芝居をすることになったので、1番飲むメンバーになったんだよね。

昇太:そうですね(笑)。

▶▶この日の放送内容を「JFN PARK」でチェック!

本日6月24日(水)は、猪子寿之さん(チームラボ代表)×石川善樹さん(予防医学研究者)がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
スマホアプリ「JFN PARK」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→/http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00〜26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/