作家・村上春樹さんがディスクジョッキーをつとめるTOKYO FMの音楽番組「村上RADIO」(毎月最終日曜 19:00〜19:55)。

1月10日(月・祝 13:00〜14:55 )は、特別番組として「村上RADIO 成人の日スペシャル〜スタン・ゲッツ 音楽を生きる〜」を放送しました。

天才的ジャズテナーサックス奏者スタン・ゲッツを愛聴し、評伝『スタン・ゲッツ 音楽を生きる』の翻訳も手掛けた村上さんが、2021年11月に早稲田大学国際文学館(通称:村上春樹ライブラリー)でおこなった朗読イベント「Authors Alive! 〜作家に会おう〜」の模様をオンエア。イベントでレコードをかけながら語ったスタン・ゲッツの波乱の人生と美しい音楽を2時間の特別番組でお送りしました。番組では、評伝の一部を朗読する貴重な音源も! 今回は2時間にわたる特別番組の内容を「6回」にわけて配信します(本記事は【#2】)。


◆「Split Kick」
◆「Dear Old Stockholm」

次に聴いていただくのは「Split Kick」。これはホレス・シルヴァーがピアノを弾いています。このとき、ホレス・シルヴァーはまだ駆け出しの新人で、田舎のジャズバーで演奏していたのをスタン・ゲッツが見つけてニューヨークに連れてくるんです。これがいいんですよね。この「Split Kick」という曲もホレス・シルヴァーが作った曲です。

それからもう1曲。彼がスウェーデンに旅行しているときにスウェーデンのミュージシャンと一緒に吹き込んだ「Dear Old Stockholm」(「ディア・オールド・ストックホルム」)、これも素晴らしい演奏です。ただ、ヨーロッパを旅行しているときはヘロインが手に入らなくて、禁断症状にずいぶん苦しんだみたいだけれど、この演奏は美しいです、とても。

今日持ってきたのは全部オリジナル版に近いレコードでして、その当時出たレコードです。これも、もう70何年前のレコードだけど、いい音ですよね。本当に感心してしまいます。

うーん、なんか昔のジャズ喫茶みたいですねぇ、懐かしい。(会場笑)
アナログレコードの音っていいですよね。CDとは違って、なんか温かみのある音で……
スクラッチでさえ心地よいです。

◆「Move」

聴いていただいた2枚のレコードは、「ルーストレコード」(Roost Records)という小さいレーベルから出たレコードなんですけど、ルーストの時代にはゲッツの素晴らしい演奏がたくさん残されてます。なかでも一番素晴らしいのは、ギターのジミー・レイニーが入ったクインテットで、これは本当に素晴らしいバンドでした。
とりわけボストンのストーリーヴィル(Storyville)というジャズクラブで1951年10月28日に実況録音された2枚のLPはとても出来が良くて、ジャズ史に残る名盤だという風に言われています。
「Move」。デンジル・ベストの作った非常に速いナンバーです。バップナンバーですけど、とにかく素晴らしいので聴いてください。

ジミー・レイニーにはウディ・ハーマンのバンドでスタン・ゲッツと一緒だったんです。それで気が合って、音楽的にも人間的にも気が合って、お互い独立したらバンドを組もうといってバンドを組んでいました。これは非常に趣味のいい、よくスイングするバンドです。

このバンドはピアノがアル・ヘイグ、ギターがジミー・レイニー、ベースがテディ・コティック、ドラムスがタイニー・カーン。クインテットです。ジミー・レイニーはギターといってもコードを弾かないで、ホーンライクというか、管楽器のようにシングルトーンでずっとメロディーを弾いていくチャーリー・クリスチャンの直系のギタリストで、それがスタン・ゲッツとユニゾンでおなじみの長いメロディーを弾いたり、あるいは対位法に絡んだりして、本当に知的なギタリストで、スタン・ゲッツはぴったり合うんです。

これはストーリーヴィルで録音したレコードですけど、ストーリーヴィルというのはボストンにありまして、僕がボストンに住んでいるとき、部屋にレコードを飾ってたんです。そうしたら、電気工事に来たおじさんが「スタン・ゲッツのファンか?」って言うから、「そうだ」と。「俺もすごくファンなんだ」と言って、ボストンに来たときに聴きに行ったと言って、ずっと電気工事しないでスタン・ゲッツの話をして、面白かったですけどね。(会場笑)。
   
タイニー・カーンのドラムソロのあとで「ヤッホー!」という声が入って、あれが格好いいんですよね。歌舞伎の掛け声みたいでね。その前のスタン・ゲッツとタイニー・カーンのテナーサックスとドラムの、4バースっていう4小節交換、素晴らしいです。本当にスリリングです。

◆「Lover Come Back to Me」

この1951年のストーリーヴィルの出し物は、バンドが2つあって、1つはスタン・ゲッツのバンド、もう1つはビリー・ホリデイのバンドだったんです。当時のジャズクラブというのは、バンドを2つ入れていました。1つが演奏している間に1つは休憩して、またそれが交代するっていうシステムだったんですけど、スタン・ゲッツはビリー・ホリデイの大ファンだったので休憩どころじゃないんです(笑)。
エアチェックですけど、その記録が3曲残っています。同じ日の録音です。スタン・ゲッツは自分のバンドで吹いた後で、休憩なしで次のバンドの後ろで吹いてます。

今日は「Lover Come Back to Me(恋人よ帰れ)」を聴いていただきます。これは貴重な記録なんですけど、正直言ってスタン・ゲッツ、あんまりうまくないんですよね。ビリー・ホリデイはレスター・ヤングと一時期恋人同士で一緒に吹き込んでるんだけど、そのときのレスター・ヤングの伴奏というのはもう絶品なんです。もう本当に、僕は何度聴いても聴き飽きないぐらい素晴らしい伴奏です。心と心が結びついてるんです。絡みつくように歌のなかにすっと入っていく。

ゲッツはレスター・ヤングのファンだから、それをやりたいんだけど、やっぱり難しいんですよ、恋人ではないから。悪戦苦闘します。でも、その悪戦苦闘ぶりがなかなかいいんです。スタン・ゲッツというのは本当に上手い人なので、下手な演奏っていうのはひとつも残ってないんですけど、これははっきり言ってそんな上手くない(笑)。貴重だから聴いてください。
「Lover Come Back to Me」。最後のアウトロも、もうひとつ自信なさそうです。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限:2022年1月18日(月)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:村上RADIO 成人の日スペシャル 〜スタン・ゲッツ 音楽を生きる〜
放送日時:1月10日(月・祝)13:00〜14:55
パーソナリティ:村上春樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/