東大出身のクイズプレーヤーでYouTuber、QuizKnock編集長の伊沢拓司さんが、12月11日(水)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。クイズ王として知られる伊沢さんに、リスナーのお悩みをクイズとして出題。そのお悩みが解決するような解答を届けました。



とーやま校長:伊沢先生は、SCHOOL OF LOCK! を知ってくださっていたということですけど?

伊沢:はい。ちょっと変な聴き方なんですけど、大学生のころに行きつけのラーメン屋があって、週3〜4で行っていたんです。そこで、常にSCHOOL OF LOCK! が流れていたんですよ。毎日、大学での仕事が終わって遅い時間に行くと、必ず流れていて。

とーやま校長:最後まで聴いているというわけではないけど、存在は知っているぞ! と。

伊沢:はい。当時、塾で教えていたりしたので、皆さんのお悩みを聴いて「うわぁ。これどうやって答えんねん……」と思っていました。「自分だったらどうしよう」と思いながら、ラーメンを食べていました。

とーやま校長:なるほど。そして、QuizKnockはYouTubeの登録者数が……。

伊沢:この間、100万人に到達しました。ありがとうございます。

とーやま校長:すごいっすね。100万人っすよ!?

伊沢:ね〜! どうしてこんなことに(笑)。

とーやま校長:(笑)。この番組は10代がたくさん聴いてくれているんですけど、今日は……受験期なので勉強の悩みなど受験生の力になってもらえれば。

伊沢:もちろん!

とーやま校長:ということで、本日伊沢先生とお送りする授業テーマは、『クイズ! 私の問題を解いてくれ!』。

伊沢:はい!

とーやま校長:今まさに受験や勉強にまつわる悩みを抱えているオマエ! その問題を具体的に教えてほしい! 伊沢先生には、その問題に答えていただきたい!

伊沢:はい!!

とーやま校長:さらに、勉強以外の悩みを抱えている生徒もたくさんいるんですよ。他のジャンルでもいいですか?

伊沢:はい、もちろん! 得意かどうかは置いといて頑張ります。

とーやま校長:例えばクリスマスが近いですし、“恋”というジャンルの悩みを抱える生徒も……。

伊沢:あ〜なるほど……。

とーやま校長:恋のお悩みはどうですか?

伊沢:勉強が100だとしたら、2ぐらいですね〜……。

とーやま校長:2?! 低すぎる(笑)。

伊沢:逆に勉強が高すぎる、という見方もできるわけじゃないですか。

とーやま校長:普通なら勉強も50〜60ぐらいだけど、ってことですか?

伊沢:そうです。勉強が100だから恋愛が2になっちゃている、というのもなくはないですよね。

とーやま校長:でも……そんな伊沢先生は見たくねぇなぁ。

伊沢:できないなりに全力を尽くすのは間違いないですから! YouTuber精神というのは、“何事にも全力”ですから!!

とーやま校長:わかりました。やってみましょう! 早速、生徒からの出題です。

【私は暗記をすることがホントに苦手なのですが、伊沢先生なりの暗記の仕方を教えてください!(16歳女性)】

伊沢:そうですね……例えば英単語だったら、英単語帳みたいなものを全部やろうとしがちなんですよね。でもそうすると、1冊終わったころには最初のほうのことは忘れているんですよ。なので僕は、単語帳は10ページとか15ページとかに区切って、そこが完璧になるまではそのページから出ないようにしていました。
なぜなら、頭の中にしっかり記憶として定着させないと、使えるようにならないじゃないですか。使えなかったらどんな暗記をしても意味がないので、使えるまで、完璧になるなるまでやる、というのをやっていました。

<ピンポン!>

伊沢:お! 正解だ!!

とーやま校長:やっぱりすごいですね。これ、やってみよう!



――続いての出題は……
【先日、クラスの男子にある事を言われて、意味がわからなくて困っています! 帰宅部の男子に「文芸部に入れば?」と言ったら、「お前も一緒に入ってくれるならいいで」と言われたんです。ちなみに私はバレー部です。なんで私は誘われたんですか? 男子の気持ちがわかりません!! この問題解いてください。お願いします!!(16歳女性)】

伊沢:いやぁ来ましたね。これぞ“超難問”ですが……(笑)。でも、どうなんでしょうね? その男子は、返答に困ってそう言ったんですかね? でも「あ……」ってなったときにその言葉が出るってことは、良い解釈をしてくれていますよね。その〜……誘ったことだったり、その男子がこの生徒のことを……。

<ブブッ>

とーやま校長:え? 時間ってこと? もうちょっとまとめて、ってこと?

伊沢:でも、絶対に悪いことはないと思うので、何かあるんじゃないですか? わからないけどね……。

とーやま校長:何かあると期待してもいい?

伊沢:いいんじゃないですかね? でも期待するって……わかんねぇ! 2が出ましたね(笑)。

とーやま校長:これ、結果はどうなるんだろう?

<ブッブー>

伊沢:厳しい! いやぁ、ここは修行が必要だな……。

とーやま校長:でも、スタートダッシュは素晴らしかったと思うんですよ。

伊沢:ありがとうございます。ガチで走り出したはいいんですけど、走り出しただけだったという(笑)。どこに走るか決めないで走っていたというね。

とーやま校長:わかんないですけど、僕が目視したところ、ちょっとプルプルしてたかな。

伊沢:プルプルしていましたね(笑)。終盤は、子牛ぐらいプルプル震えていましたけど。

とーやま校長:(笑)。これボケじゃなくて、ガチの“2”なんですか?

伊沢:ガチです。今のでわかったでしょ?!

とーやま校長:(笑)。

伊沢:僕、男子校ですからね。小中高と男子校なんですよ。

とーやま校長:でも好きな女の子とかいたでしょ?

伊沢:もちろん!

とーやま校長:どうしていたんですか?

伊沢:黙っていましたね。

とーやま校長:何も言えずに、ですか?

伊沢:何も言えず、何も聞こえず……。

とーやま校長:何やってんだよっ!(笑)

伊沢:勉強いたします……(笑)。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年12月19日(木)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55・金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

12/9(月)〜12/13(金) SCHOOL OF LOCK! はスペシャル授業を開催!!