禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする"ラジオの中のBAR"「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」5月4日(月・祝)のお客様は、フリーアナウンサーの田中みな実さんとミュージシャンの小宮山雄飛さん。以前、TOKYO FMで一緒にレギュラー番組をつとめていた、仲よし2人による「ここでしか語れない話」とは?


(左から)小宮山雄飛さん、田中みな実さん



◆スーパーにつき合わされる小宮山雄飛…
田中:雄飛さんとお会いするときは、基本的に昼間ですもんね。昼間に急に私が呼び出して、「買い物につき合ってもらえますか?」って(笑)。

小宮山:買い物。でも本当に今まで何度……洋服を買うみたいなときも。

田中:彼氏へのプレゼントを買う(笑)。「これを着てみてください」って(笑)。

小宮山:試着させられたりとか。「なんで試着しているんだろう?」っていうね。あとはスーパーだよね。あれ、なんで?

田中:スーパーのレジに並んでいるときに、雄飛さんに電話するっていうのもありました。

小宮山:電話もあったし、実際にスーパーで買物をつき合ったことも。

田中:あれ? スーパーにつき合ってもらいましたっけ? 地下のスーパー?

小宮山:地下のスーパー。イチゴを買ってた。で、毎回「今日は魚の○○にしようと思うんです」って。そんなことを言われても、別に俺がそれを食べるわけじゃないし……と思いながら(笑)。

田中:でも誤解のないように言いますけど、別に雄飛さんに荷物を持たせたりとか、そのようなことはしませんからね。

小宮山:荷物を持たせたりとか、そういうのけっこう嫌うでしょ?

田中:そういうのはすごく嫌です。

小宮山:そこは偉いよね。

◆勝手に彼氏に尽くしてイラッとする未熟な私…
小宮山:みな実ちゃんは結婚していないけど、「あれ食べたいこれ食べたい」と言われるのと言われないのと、どっちがいい?

田中:私は、言ってほしい。「今日、麻婆春雨を食べたいな」って言われたら、いいよって。

小宮山:そういうタイプだよね。すごく尽くすでしょ?

田中:そう。もうさんざん近くで見てきていると思いますけど(笑)。

小宮山:見てきましたけど……尽くしますよね。

田中:はい。雄飛さんと一緒にいても、「すみません。ちょっとスーパーつき合ってもらえません?」って。そのときスーパーに一緒に行って、当時つき合っていた彼のご飯の食材を買ったりして(笑)。

小宮山:しかも3品くらい作るでしょ?

田中:もっと作りますよ。おかずみたいなものだけで5品くらい作るの。

小宮山:それすごいよね。

田中:ちょっとずついろいろ。ワンプレートがダメな人だったんですよね、その人は。で、ご飯、白米を召し上がらない人だったから。

小宮山:召し上がらないって(笑)。

田中:だから、おかずとかお酒のつまみになるようなものばかり作るわけで。しかも、男の人は肉が好きじゃない? で、私はわりと魚を中心にいただいているから、彼の分の食事だけ別で用意するっていう感じ。

でも、一生懸命作って出して、2品目くらいで「もういいや。ゲームする」とかって言われてさ。それで、他の、もう仕込んであるお料理が出せないじゃない? だから若干嫌な顔をするでしょ? そうすると「じゃあ、はじめから作るなよ」とかって言われたりして。

小宮山:でも、それはよかれと思って、みな実ちゃんが勝手にやっているんでしょ?

田中:そう! そうなんです! 勝手にやっているの! ここなんですよ、雄飛さん! 勝手にやっているのに、自分の努力が報われないと、ちょっとイラッとしちゃうという。そこが私の未熟なところ。頼られたい。必要とされたい。誰かから。お願い。たった1人の誰かから必要とされたい。

小宮山:必要とされたいんだよね。

田中:うん。だってさぁ、私がいなくても、何でもできちゃう人だと、寂しいじゃないですか?「何のためにつき合って、何のために結婚しているの?」ってなっちゃうと思うから。愛されるよりも愛したいと思っていたけど……最近は愛されるほうが幸せなのかもしれないなって。

小宮山:何のトークだ? これ(笑)。

◆私の日常って何? 枕を濡らす日々
田中:夜ってちょっと恋バナしたくなるじゃない? 雄飛さんと普段別に恋バナすることはないけど。

小宮山:普段は恋バナしないからね。一緒に番組をやっていたときも、恋バナとか聞きたくないからさ。聞いちゃうと、それが出ちゃうじゃない? だから、できるだけ田中みな実という人の仕事も見ないし、プライベートも聞かないし。本当にニュートラルに、ただおいしいおそばを食べるとか、お茶するとかって思っていたから。だから今、むしろ新鮮だけどね。普段は、恋バナしているんでしょ?

田中:夜中のこういう眠れない時間帯に、「どうしよう、誰かに電話したいな、でも今深夜1時43分。誰に電話できるだろう……」って、結婚している友達は無理でしょ? 旦那さんに迷惑だし。お子さんが起きちゃうかもしれないし。

小宮山:女性の友達ね。

田中:男友達なんてもっと危険よ。この時間に私が電話して、もし万が一相手に彼女とかいた場合、相当揉めますよ、これは。田中みな実から電話がかかってきて。「何? 夜中に? 1時43分に何? 田中みな実から電話?」。また無駄に嫌われるじゃない? そこで。

小宮山:そりゃそうなるね。

田中:あらぬ疑いをかけられて……そう考えると、全然電話する相手がいないわけですよ。そうすると、本当に1人で枕を濡らすよね、日々(笑)。

小宮山:日々1人で枕を濡らして(笑)。

田中:3日連続くらい泣いている気がする、夜(笑)。

小宮山:でも生活のライフスタイル的に、そんなに夜遅くまで起きてないでしょ?

田中:そうですね。月に2、3回くらいしか外食もしないし、外を出歩かないタイプではあるけど。今、SNSにみんなとっても充実した日常を上げているじゃない? そば打ちだったり。

小宮山:僕は、そばを打っていますからね、朝。

田中:そば打ちはさておき。

小宮山:さておくな(笑)。

田中:ご主人が料理を作ってくれる日とか。子どもたちがなんちゃらとか。そういうのを見ていると、「私の日常って本当に何なんだろう?」って。しかも緊急事態宣言も延びて、仕事もまた延期になり、自分と向き合う時間が長すぎて。普段から自分と向き合っているから、もうこれ以上向き合えないわけですよ。私、このまま本当に1人かもしれないと思って泣いているの。

小宮山:泣いているの?

田中:そう。怖いし、面倒くさいし。

小宮山:何が(笑)?

田中:また婚期が遠のくことはわかっているの。こういうこともネットニュースにされてさ……「見た?」って。

小宮山:明日出ているもんね、絶対ね。

田中:そう。メンズが、またもれなく引くわけでしょ?

小宮山:「田中みな実。枕を濡らす日々」って(笑)。

田中:「重いな」って(笑)。元カレたちも思うわけですよ、「別れてよかった」って(笑)。

▶▶この日の放送内容を「JFN PARK」でチェック!

来週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

5月18日(月):中井美穂さん×鈴木保奈美さん
5月19日(火):渡辺淳之介さん×柏木由紀さん
5月20日(水):東野幸治さん×結さん
5月21日(木):鈴木京香さん×星野哲也さん

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
スマホアプリ「JFN PARK」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→/http://www.jfn.co.jp/parkまた、無料スマホアプリ

「WIZ RADIO」では、OA局をチョイスすることで、全国のFM局の番組が聴取可能です。
★ダウンロードはこちら→https://www.wizradio.jp/
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00〜26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/