高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。毎週火曜日は、慶應義塾大学特任准教授でプロデューサーの若新雄純さんとお届け。7月14日(火)の放送では、「投票」をテーマに討論。投票に行かない理由から選挙のあり方を深掘りしました。


若新雄純さん(左)とパーソナリティの高橋みなみ



7月5日(日)に投開票された東京都知事選挙。過去最多となる22人の立候補となるなか、コロナ禍により街頭演説もあまりおこなわれず、それぞれのWebサイトやSNSなどを活用した選挙戦になりました。結果は現職の小池百合子氏の「圧勝」でしたが、投票率は55%で、前回よりも4.73ポイント減でした。

若新さんの見解は「日本は平和だから」。反対に戦争や紛争が起きている国や地域の投票率は大変高いそうで、「危機感が薄いという意味での平和な人が多いのかもしれません」と指摘します。

リスナーからは「消去法で選んでいる」「友人は『1票くらいなくても変わらない』と言っていた」などのメッセージが。過去の分析によると、人口の多い地域において当選しやすい傾向は「知名度」の有無によるところが大きいといいます。「候補者について詳しくなくても、なんとなく名前を知っているだけで票が入りやすくなる。元タレント候補が受かりやすいのはそのためです」と若新さん。今回の都知事選においても、新型コロナ対策で露出が増えたことが小池知事の当選要因の1つではと推測しました。

また若新さんは、「1票の重さにとらわれ過ぎないこと」と忠告も。「重いという言葉があるから『軽い1票』という話になる。重みを感じられず投票に希望を見出せない人がいる気がする」と言い、“選挙で改革を!”と気負うのではなく、「投票権が行使できる自由を心に留めるのが大事」と話しました。

番組公式Twitterでは「選挙があると投票に行きますか? 行きませんか?」というアンケートを実施。結果は「行く」が77.5%、「行かない」が6.1%、「都合が合えば行く」が14.1%、「『行かない』という意思表示を積極的にする」が2.3%という結果となりました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限:2020年7月22日(水)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm