木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。5月1日(日)の放送では、「リポビタン×Flow 頑張るリスナー応援企画」と題し、リスナーから寄せられたメッセージを紹介しました。



◆木村演じる主人公・桐沢祥吾と自分が重なり…
<リスナーからのメッセージ>
これまで、木村さんのドラマに影響されてきたプロボクサーです。「プライド」(フジテレビ系)を観て、アイスホッケー選手になろうとしたこともあるぐらい木村さんのファンです。

実は「未来への10カウント」(テレビ朝日系・毎週木曜21:00〜)を観まして、自分と重なる点が多くてビックリしています。今は網膜剥離で試合ができず、どん底です。現在は指導者としてジムで小さい子どもから大人までを指導しています。

そして、私も(木村さんが「未来への10カウント」で演じる桐沢祥吾と同じように)教員免許も持っているので、また木村さんのドラマに影響されて教師になろうかなと真剣に悩んでいます。

今、チャンジしていることは、網膜剥離を完治させて、全日本の新人王になることです。私の憧れでもある木村さんに応援してもらえたら、きっと網膜剥離に負けずに、また試合ができると思ってメッセージしました。今回、木村さんにボクサーを演じていただき本当にうれしいです。ボクシングの魅力と裏方の指導者の魅力が世界に広がればいいなと思っています。「未来への10カウント」最高!(35歳 男性)



木村は、自身が「未来への10カウント」で演じている桐沢祥吾の境遇と、男性リスナーが重なる点が多いことについて、「これ、マジで!? もう完全に桐沢ですよね」「うわぁ、ビックリしたわ。本当に(桐沢が)いたわ……!!」と驚きを隠せない様子。

現在、網膜剥離で療養しているということで、「焦らず、本当にしっかりと治して、JBC(日本ボクシングコミッション)指定の病院で『治ったね』と言っていただけた暁には、絶対に(新人王を)目指してほしいなと思いますね」とエールを送ります。

さらには「万が一、網膜剥離で(これから先のことが)立ち塞がっているならば、現状を早めに理解して受け入れて……でも、それですべて(ボクシングやその先の未来)がダメになったわけではないから、胸を張っていってほしいなと思います。そういう経験をしたからこそ、伝えられることって、いっぱいあると思うので」とも。

最後に「(ドラマ内でのボクシングは)かじる程度のことしかできないかもしれませんが、実際にリングに上がられているみなさんに失礼のないような作品を作っていきたいなと思っているので、引き続き気合を入れて撮影します!」と語りました。

次回5月8日(日)の放送は、藤原ヒロシさんをゲストに迎えてお届けします。どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年5月9日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30〜11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/