ラジオの中の学校、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」。6月18日(木)の放送では「私のここを褒めて!」と題し、パーソナリティのさかた校長とこもり教頭がリスナーの“褒めてほしい”エピソードを聞いていきました。そのなかから、この日不登校を乗り越えて登校したと伝えた高2の女性リスナーとのやり取りを紹介します。



――「私のここを褒めて!」高2・女性リスナーの報告

さかた校長:もしもし! 褒めてほしいことがあるんだよな? ちょっと教えて!

リスナー:はい。私は不登校を乗り越えて、今日再び登校できたことを褒めてください!

こもり教頭:おお! よく行った!

さかた校長:学校は、いつぐらいから行けてなかったの?

リスナー:不登校は2回あって……中学2年の最後くらいから行ってなくて、3年の卒業式には行ったんです。高校は最初の3ヵ月間だけ行って、あとは不登校になってしまって……。

さかた校長:そうか。行けなくなった理由は、自分の中であるの?

リスナー:はい、あります。中学2年生のときに不登校になった理由がいじめにあってしまったことで……そこからいろいろあって、高校1年生のときには新しい気持ちで学校に登校しようと思ったらまた3ヵ月間いじめがあり、不登校になってしまいました。

さかた校長:そうか、でも1回は乗り越えたんだな。それはすげーよ。

リスナー:ありがとうございます。

さかた校長:でもまたそういうことがあって……1回目より2回目のほうが、気持ち的にもつらかったと思うしね。苦しかっただろ?

リスナー:とても苦しかったです。

さかた校長:でもそれで……もう1回乗り越えてさ、今日登校したってことだもんね。

こもり教頭:すごいよ。その第一歩を踏み出すきっかけって何だったの?

リスナー:最初は(番組の)学校掲示板に書いて……そしたらほかの生徒にレスをもらって、それから勇気を出して登校しようと思いました。

こもり教頭:うん!

リスナー:それと一番大きなきっかけは、月曜日(6月15日)に私と同じ悩みを抱えていた子が、校長と教頭に悩みを言っていたことです。

さかた校長:まず掲示板で相談したわけだろ? 参考になるレスがあったの?

リスナー:はい。とてもたくさんありました。

さかた校長:うん、みんなすげーいい奴らだよな。

リスナー:はい。

こもり教頭:どんなレスを読んで、「行けるかも!」って思えたの?

リスナー:なんか応援のメッセージが多くて、「諦めないで頑張ってください」というのがとても心に残りました。

こもり教頭:うん。学校に行けなくなった苦しい思いよりも、みんなから届いた「負けないでほしい」みたいな気持ちのベクトルのほうが大きくなったってことでしょ?



リスナー:はい。

こもり教頭:それで一歩が踏み出せたのは、すごいことだと思うよ。

さかた校長:たいしたもんだよ!

リスナー:ありがとうございます。

さかた校長:月曜日の放送がきっかけになったって言ってくれたけど、自分の中にどういう気持ちが芽生えたの?

リスナー:教室じゃなくて相談室というのが学校にあるんですけど、そこに登校しながらでも授業を受けてみたいという気持ちになったのと、学校に行って新しい友達を作りたいなと思ったのが一番強かったです。

こもり教頭:なるほどな。学校って意外と小さく見えて大きいもんな〜。いろんな人がいて……何を考えているかわからないもんな(笑)。

リスナー:(笑)。

こもり教頭:何をしていることが好きなの?

リスナー:えっと……友達としゃべるのが好きで、だけどいじめにあったときに怖くなって……離れて行く……姿を見てやっぱり友達って怖いな、と思ったんですけど……。

さかた校長:うん。

リスナー:ラジオを聴いて、なんかこのままじゃ友達作れないんじゃないかと思って……。

さかた校長:うん。でもそういうふうに、前向きな気持ちになれたんだもんね。

リスナー:はい。

さかた校長:ラジオは好きか?

リスナー:はい。とても大好きです。

こもり教頭:俺も好きなんだよ〜。

さかた校長:奇遇だな〜。俺も好きなんだよな〜(笑)。

リスナー:(笑)。

こもり教頭:「ラジオが好き」なんていう会話が、きっかけになることもあるからね。

リスナー:(笑)。

さかた校長:まぁでも、今日学校に行けたことは、これからの強みになるし自信を持っていいと思うよ。

リスナー:ありがとうございます。

さかた校長:これからも怖いことや悩みこともあるかもしれないけど、大丈夫だよ。お前は何回でも乗り越えられるから。

リスナー:はい!

さかた校長:明日も元気に頑張って学校に行こう!

リスナー:はい!

さかた校長:行ってらっしゃい!!



今回はこのほかに……
・『シンプルに工夫したノートを作って、勉強を頑張っているので褒めてほしいです』という14歳の女性リスナー
・『クラスのみんなから付き合っていることを問い詰められたけど、黙っていた私を褒めてほしいです』という18歳の女性リスナー
・『どの授業でも寝られる私を褒めてください』という15歳の女性リスナー
とも電話をつなぎました。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年6月26日(金)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭
放送日時:月〜金曜 22:00〜23:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/