TOKYO FMの新音声サービス「AuDee(オーディー)」にて配信中の特別番組「『100日間生きたワニ』公開記念“生きるラジオ”」。7月9日(金)公開予定の映画『100日間生きたワニ』の監督・脚本を務める上田慎一郎とふくだみゆきが、全4回にわたって作品について深堀りしていく番組です。7月9日(金)の配信では、キャラクターの声に関するエピソードを語りました。

「AuDee(オーディー)」でチェック!

(左から)上田慎一郎、ふくだみゆき


◆映画の感想をどんどん発信してほしい!

番組配信日である7月9日(金)は、映画『100日間生きたワニ』の公開日でもありました。

ふくだ:私は商業作品で、映画公開というのが初めてなので、めちゃくちゃ緊張しています。原作ありきの作品というのも、私たちにとっては初めてなんですよね。どんなリアクションが返ってくるのか、不安と期待でいっぱいです。

2人はよく、SNSでもエゴサーチをするのだそう。

上田:作り手はみなさんが思っている以上にエゴサをしています。作り手にとって、感想が読めるとすごく嬉しいんですよ。映画を観た方は、どんな内容でもいいし短くてもいいので、SNSに投稿するなりして、誰かに伝えていただきたいです。

◆キャスティングはどんな基準だった?

今回の放送では、映画『100日間生きたワニ』のキャスティングを紹介。ワニ役の神木隆之介、ネズミ役の中村倫也、モグラ役の木村 昴をはじめ、豪華キャスト陣がキャラクターたちに新しい命を吹き込みました。

ふくだ:自分たちは実写畑の監督でもあるので、私たちが監督をした意味というか、実写の邦画っぽいアニメ映画にしたいなという思いがありました。

上田:「素朴な邦画を目指そう」ってお互いに言いあってね。

ふくだ:そうですね。なので、「声優さんがバキっと決める演技ではなく、役者さんの“生っぽい”演技のほうが作品に合うんじゃないか」という話をして。

上田:そうですね。声優として大活躍されている方も出演されていますけども、メインキャストは俳優さんが多いですね。

2人はワニ役とネズミ役のキャスティングを考えていた際のエピソードを明かしました。

上田:ワニを誰にするかという話になって、2人ともが神木さんを挙げたんですよね。ワニの持っている真っ直ぐさ、ひたむきさ、ピュアさ、あとは喪ったときの(悲しみの)大きさがしっくりきました。

ふくだ:神木さんの少年っぽい声質と、からっとしていて親しみやすい雰囲気がワニに合うんじゃないかなと思いましたね。

上田:そうですね。ワニの親友であるネズミのキャスティングは、距離感を重視しました。神木さんと中村さんって実際に仲がいいんですよ。キャラクターとして、どういう人がネズミ役に合うかなってことも考えた結果、中村さんになりました。

*   *   *

次回の7月16日(金)配信分は、いきものがかりが手掛けた主題歌「TSUZUKU」ついて語ります。詳しくは音声配信サービス「AuDee(オーディー)」でチェックしてください!

----------------------------------------------------
▶▶続きは「AuDee(オーディー)」でチェック!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→ https://audee.jp/about
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:「100日間生きたワニ」公開記念“生きるラジオ”
配信日時:7月2日(金)、7月9日(金)、7月16日(金)、7月23日(金)
パーソナリティ:上田慎一郎、ふくだみゆき
番組Webサイト: https://audee.jp/program/show/100000262