TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。5月4日(火・祝)のお客様は、小林幸子さんと小柳ルミ子さん。ここでは、小柳さんが小林さんにずっと隠していた衝撃の事実を告白!

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)小柳ルミ子さん、小林幸子さん


◆「プロ魂を私は見ました!」(小林)
小柳:私が前に「NHK歌謡コンサート」で「お久しぶりね」を歌って踊るときがあったんだけど、そのとき右の肋骨を骨折していたじゃない?

小林:そうそう!

小柳:それで、NHKの方に聞かれたの。“歌だけ歌う”か“歌も踊りもやる”か“降板する”か。

小林:踊りだって、激しい踊りだもんね。

小柳:うん。NHKの方も「(今回は)もう踊らなくても結構ですから、歌だけでも歌っていただければ」とおっしゃっていただいたんだけど、「いえ。歌も踊りもやります」って言って、(歌も踊りも)やったのよ。

小林:すごかった! だってルミちゃん、私に(折れているところを)見せたこと覚えてる? 肋骨を包帯でぐるぐる巻いて。その姿を見て、涙が出てきたもん。これで歌を歌って、踊りも踊るなんて……私は“やめてよ”って思ったけど、ルミちゃんは「やる」って言うから、ずっと心配で袖で見ていた。でも(歌も踊りも)完璧だった!

小柳:それで生放送が終わった途端に、会場にいらっしゃる3,000人くらいのお客様に向かって、さっちゃんが「みなさん聞いてください! 今日ルミちゃんが本番前に右の肋骨を骨折しまして。でもルミちゃんは、そんな苦しい顔を見せずに歌って踊りました! 本当にプロ魂を私は見ました!」って言ってくれたのよ。

小林:言った。覚えてる。

小柳:覚えてる?

小林:1番最後に、「この状態で歌って踊った頑張り屋のルミちゃんに拍手を!」って言ったら、“ブワーッ”てものすごい拍手が鳴ったの。肋骨を折ってるなんて、ほとんどのお客様は気づかなかったんだよね?

小柳:気づいてなかったと思う。私、本当に腰が砕けちゃって“なんて良い人なんだろう”って思って、しゃがみ込んで泣いたの。

小林:とんでもない! 本当にすごいと思ったもん。

小柳:今でも泣きそうになっちゃう……。それと、もう1つあるの。私が30周年コンサートで東京での最終日に、さっちゃんが見に来てくれたじゃない? あのときに実は右足を骨折していたの。

小林:嘘!? 知らなかった!

小柳:痛み止めを打って、テーピングをしながらやったんですよ。

小林:なんてこと! 全然知らなかった。

小柳:そう。それで、(コンサート終わりに)さっちゃんが楽屋にきてくれて「素晴らしかった! 良かったよ」って言ってくれて嬉しかった。だけど、さっちゃんが一緒だと、もれなく骨折がついてくる(笑)。

小林:もう来るなってこと? そんなこと言わないで!

2人:ハハハ(笑)!

*   *   *

来週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

5月24日(月)すみれさん×竹脇まりなさん(宅トレ動画クリエイター)
5月25日(火)スチャダラパー・Boseさん×never young beach・安部勇磨さん
5月26日(水)LiLiCoさん×純烈・小田井涼平さん
5月27日(木)又吉直樹さん×桝本荘志さん(作家)

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶小林幸子、15年間の下積み時代を語る 続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→https://audee.jp/about
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00〜26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/