ミュージシャン、デザイナー、作家、俳優、職人など、異なるフィールドを舞台に活躍する“ふたり”が語らうTOKYO FMの番組「三井ホーム presents キュレーターズ〜マイスタイル×ユアスタイル〜」。今回のゲストは佐藤浩市さん(俳優)×三島有紀子さん(映画監督)。ここでは、三島さんが監督し、佐藤さんが主演を務めた短編映画「IMPERIAL大阪堂島出入橋」について語り合いました。


三島有紀子さん、佐藤浩市さん


佐藤さんは1980年に俳優デビュー。翌年、映画「青春の門」でブルーリボン賞新人賞を受賞。日本を代表する俳優として活躍しています。2021年12月には、キャリア初の歌手としてのアルバム『役者唄 60 ALIVE』をリリース。現在放送中のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、上総広常(かずさ・ひろつね)役を演じました。5月27日(金)から全国ロードショーの映画「20歳のソウル」(秋山純監督)にも出演しています。

一方、三島さんは、18歳からインディーズ映画を撮り始め、大学卒業後、NHKに入局。数々の人間ドキュメンタリーを企画・監督。その後、映画を撮るために独立。作家・重松清さんの同名小説を映画化した「幼な子われらに生まれ」(2017年)で、第41回モントリオール世界映画祭審査員特別大賞を受賞しました。

◆執念が詰まった作品

現在公開中の短編映画制作プロジェクト「MIRRORLIAR FILMS(ミラーライアーフィルムズ)Season2」。俳優、映画監督、漫画家、ミュージシャンなど総勢36人の監督が、“変化”をテーマに制作した短編をオムニバス形式で4シーズンに分けて公開、5月6日(金)よりSeason3も全国劇場公開予定。

▶▶公式サイト:https://films.mirrorliar.com/

全9話からなるSeason2のうち1作品が、三島さんが監督し、佐藤さんが主演を務めた「IMPERIAL大阪堂島出入橋」。監督の“思い出の店”大阪・堂島の洋食レストランの閉店をきっかけに、在りし日の店を“記録”として残そうとした私小説的なストーリー。佐藤さんは、店とともに35年の歴史を積み重ねてきたシェフを演じています。この作品には、800メートルの道のり、11分30秒におよぶ圧巻のワンカット長回しで撮影されたカットがあります。

三島:「IMPERIAL大阪堂島出入橋」の脚本を書いたときに、「浩市さんに出てもらいたい」と思ったんです。この世にはいない“1人の人間”を産み出すわけですから、その作業をきちんと向き合ってやってくださる方で。しかも今回、長いワンカットを一緒に挑んでくださる方で、かつ映画全体のことを考えてくれる仲間になってくださる人でないと、乗り越えられないと思ったんです。

そんなときに、以前(原田)芳雄邸でお話した浩市さんの顔が浮かんで、「何か一緒に映画をやろうな」と言ってくださったことがふわっと降りてきて、浩市さんにお願いに行ったという経緯ですね。

佐藤:脚本を読んで、まず、「こんなに説明が少ない本は久々に読んだな」と。監督のなかで出来上がっているので。主人公が、どういう思いのなかで、昨日と明日に向き合おうとしているのか。そこら辺が(汲み取るのが)非常に難しいというか、逆にそのことを監督と話をしても、つまらないと思いました。

その部分はワンカットのなかで生まれてくるものになるのかな、という期待感がある反面、「約800 メールを走る11分のワンカットは無理だよ」とも、最初に三島さんに言ったし。演じていくなかで見つけるものもあるし、見落とすものもあるかもしれない。ここら辺は、なんとも言えないと思ったけど、改めて観てみると、三島さんの執念だよね。

三島:みんなの執念だと思っています。

佐藤:撮影初日は朝の4時からの一発撮りで。何月でしたっけ?

三島:7月末、朝の4時16分です。

佐藤:(空が)白むか、白まないかくらいの時間帯でワンカットをやったけど、正直、全てがうまくいったとは言い切れない。まだ夜が明け切ってはいないし、今の時代、光の加減はあとで何とでもなるわけだから、もう一発勝負できると思ったわけですよ。でも三島さんは頑なに「明日やりましょう」と。

三島:そうですね。即答していましたよね。あの微かな光りは、あの瞬間にしか生まれなくて、そのちょっと前でも後でもダメだねと照明部と話して、割り出したスタート時間でした。

佐藤:結局、2日目をやってよかった。夏の朝4時過ぎの、明けるか、明けないか。だけど、その時間帯しかない。これが、この男の“明日”なんですよ。

三島:そうですね。実は、実在のインペリアルというお店が閉店してしまったときに、幼馴染みだった店主と話したんですよね。そのときに、店はもう閉めたけど今もずっとデミグラスソースを作り続けていると聞いて、微かな光りみたいなものに触れた気がしました。すべてを失った訳じゃないのかもしれない、と思えたというか……その微かな光りみたいなものを、どう映像に変換していくのか、という戦いだった気がします。それが、あの時間帯の光りだったんです。

佐藤:そこにこだわり、「どうしてもやりたかった」「完成させたかった」という三島有紀子の執念を感じましたね。

▶▶番組Webサイトでは、この記事の放送内容をPodcastで配信中です。

次回4月29日(金)放送のゲストは、松下奈緒さん(女優、ミュージシャン)×河野伸さん(作・編曲家、キーボーディスト)です。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:三井ホーム presents キュレーターズ〜マイスタイル×ユアスタイル〜
放送日時:毎週金曜 17:00〜17:25
ナビゲーター:田中麗奈
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/curators/