歌手で女優の今井美樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「LOVE UNITED」。この番組では、10年後、100年後にも歌い継がれ、人々の心に響く愛を歌った“LOVE SONG”の数々を紹介しています。2月の放送では、コロナ禍におけるステイホーム期間の過ごし方、さらには今井おすすめの映画について語りました。


パーソナリティの今井美樹



◆“ビートルズがいない世界”を描いた映画「イエスタデイ」の魅力
2月21日(日)の放送では、48歳・男性リスナーからのメッセージを紹介しました。

<リスナーからのメッセージ>
東京で開催されていたジョン・レノンとオノ・ヨーコの展覧会「DOUBLE FANTASY – John & Yoko」へ行ってきました。私がビートルズを好きになったのは、一昨年の秋に公開されたザ・ビートルズ(以下、ビートルズ)を題材につくられた映画「イエスタデイ」を観たのがきっかけでした。

映画は、“もしビートルズが存在しなかったら……”という内容でした。ビートルズ世代ではないので、それまでビートルズの“ビ”の字も知らなかった私。彼らがいかに斬新で素晴らしい音楽を生み出してきたのかを目の当たりにし、ファンクラブに入会するほどのファンになりました。展覧会もジョンの生き方を知ることができる、見応えのある素晴らしいものでした。

このメッセージに今井は、「ビートルズを“知らない”という人がいるかもしれませんが、どこかで彼らの曲を耳にしていると思います。そのくらいビートルズの曲は、世界中の至るところで、いろんな曲があふれているので。40代後半でハマったのは、すごくいいことだと思います!」と話します。

今井もこの映画を夫・布袋寅泰さんと一緒に観たと言い、「“ザ・イギリスの映画!”っていう感じで本当に素晴らしかったです! ストーリーの進み方も映画の終わり方も、出てきている人たちのキャラクターもムードも、とにかくみんな本当に私たちが好きなイギリスの感じ。とてもイギリスらしい映画で、いかにビートルズが素晴らしかったかがたっぷり描かれている本当にいい映画です! まだご覧になっていらっしゃらない方は、ぜひご覧ください!」とオススメしていました。

また、この日のエンディングでは、コロナ禍の自粛期間中の過ごし方について語りました。

「この冬は、ステイホームが増え、編み物をする方も増えたそうですね。私の友人も編み物にハマっていて、完成した作品の写真をInstagramにあげています。なかには胸に模様の入った売り物のようなセーターの写真も。すごいクオリティなんです! 彼女がどんな思いを込めてつくっていたのか、見ているこっちまですごく温かい気持ちになりました。

ステイホーム時間を有効に使うなかで、“また編み物を始めたわ”という方もいらっしゃると思います。編み物をすることで自分の心も温かくなるし、そんなセーターを着れば体も本当に温かくなる。降って湧いた時間を、こんなふうにポジティブに楽しんでいけたらいいですよね」と話していました。

◆子どもにとっては、ちょっとしたことが楽しい思い出に…
2月28日(日)の放送では、42歳・女性リスナーからのメッセージを紹介しました。

<リスナーからのメッセージ>
コロナ禍で外食もなかなかできないので、子どものリクエストでハンバーガーをドライブスルーで購入し、海の見えるショッピングセンターの屋上駐車場でランチタイムを過ごしていました。外回りの仕事のときはお弁当を買って、ラジオを聴きながらよくこのスタイルでランチをするのですが、子どもたちには車内でのランチも屋上の景色も新鮮なようです。

このメッセージに今井は、「お子さんと一緒に食べる美味しいハンバーガーランチ、いいですね。いまは日常を飛び越えて、できることのすべてが楽しかったりするので、なんでもないことが楽しくなる、ある意味マジックがかけられている時期だと思うんです。こんなちょっとした出来事も、きっとお子さんにとっては大きくなったときに、“そういえば、あのときこうだったんだよね!”という楽しい思い出になりますからね。お母さん、いいアイデアでしたね! これから季節ももっと良くなるので、またドライブランチを楽しんでくださいね♪」とコメントしました。

<番組概要>
番組名:LOVE UNITED
放送日時:毎週日曜 12:30〜12:55
パーソナリティ:今井美樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lu/