ラジオの中の学校、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」。3月25日(木)の放送では、パーソナリティのさかた校長とこもり教頭が、受験を終え春からさまざまな道に進むリスナーと電話をつなぎました。第一志望の大学に受かった人、浪人を選んだ人などさまざまでしたが、そのなかから、受験の結果で新たな道が開けたリスナーとのやり取りを紹介します。



さかた校長:本日の授業は、『SCHOOL OF LOCK! 応援部 宣言メイトスペシャル!!』supported by カロリーメイト!

こもり教頭:僕が顧問をつとめるSCHOOL OF LOCK! 応援部では、これまで受験生の決意を聞いて持っている力を発揮できるようサポートしてきました。

さかた校長:昨年10月から行ってきた『宣言メイト』の授業は、本日で締めくくります。今夜は受験が終わった生徒に春からの宣言を聞いていきます。

こもり教頭:そして、宣言を聞かせてもらった生徒に、俺たちがカロリーメイトに応援メッセージを書いたメッセージメイトを差し上げます。


――春から大学生になる男性リスナーの宣言

こもり教頭:もしもし! まずは1年間お疲れさま、いまの気持ちと春からの宣言を聞かせてもらってもいい?

リスナー:はい。『第一志望だった東京の大学は不合格だったけど、地元(宮城県)にある大学に進みここでしかやれないことを学びます』。

こもり教頭:そうか。第一志望の大学では、どういうことを学ぼうと思っていたの?

リスナー:心理学です。

こもり教頭:その大学に行けなかった原因は、自分のなかではわかっているの?

リスナー:周りの人と比べて、志望校を決めるのが遅かったんです。なので勉強にとりかかるのも遅かったのかな、と思っています。

こもり教頭:なるほど、対策とかがね。

リスナー:はい。自分が志望校で悩んでいるときに、合格している人もいたので。それで精神的につらいときもありました。

こもり教頭:そうか、焦りもあるしね。でも4月からは地元の大学に行くんだよね? そこに決めたきっかけは何だったの?

リスナー:その大学には、ボランティアサークルがあるんです。震災がきっかけでできたサークルなんですけど、東京の大学だとできないことだと思って。

こもり教頭:そうなんだ。それは第一志望の大学を目指していたときには、見えなかった部分だったの?

リスナー:そうですね。第一志望に落ちて、すべり止めにしていた大学を詳しく調べてわかったことです。

こもり教頭:うん! 4月から通う大学でも、心理学を学ぶの?

リスナー:はい、学べます。

さかた校長:やりたいことを学べて、さらにやりたいことを見つけたんだね。

リスナー:はい、そうですね。オープンキャンパスもウェブだったりするので、まだ直接見れてないんですけど、実際に活動してどういうものなのか感じてみたいですね。

こもり教頭:じゃあ今の自分の気持ちとしては、新しいことを知りたいという、前を向いた感じなのかな?

リスナー:そうですね。

こもり教頭:そうか! 今年は異例だったのに、よく闘ったね。


――校長・教頭からの応援メッセージ

さかた校長『選んだ光は 未来で輝く!』

さかた校長:周りのみんなが合格していって、すごくしんどかったと思うのよ。そんななかでも頑張って勉強して、前を向いた日々があった。でも第一志望に届かずに、悩んだ日もあったと思う。それでも将来の夢を見据えて、やりたいことができる大学を選んで、そこでしか学べないことを自分の手で見つけたのよ。その光はお前が心理学を学んでいく上で、経験として大きく輝くからね。君の選んだ光に自信を持っていいよ。

こもり教頭『君の進む“道”』

こもり教頭:これから歩いていく道は、誰かが作ったものではなくて、自分が歩いた道が君の道になっていく。今、目の前にはすごくいろいろな壁があると思う。その壁をかき分けて、どんどん前に進んでいって、いつか深呼吸をして後ろを振り向いたときに見えた道が、君の歩んできた道になると思う。焦ることなく、今、自分がいる場所をしっかり見つめながら、未来が輝くことを願ってこの言葉を書きました。

リスナー:ありがとうございます! 第一志望には落ちてしまいましたけど、合格した地元の大学で気持ち切り替えて頑張っていきたいと思います!!

こもり教頭:ヨッシャー! 力強い第一歩を踏み出してこい!

さかた校長:行ってこい!



また昨年11月からの3ヵ月間、番組内のコーナー「天才LOCKS!」を担当し、受験生にアドバイスを送り続けたQuizKnockの伊沢拓司さんがコメント出演しました。

伊沢さんは、受験を終えたリスナーに「まずはお疲れさまでした」とねぎらい、「受験生活というのは、どうしても自分と向き合わないといけないんですね。そのなかで自分に眠っている秘められた力の欠片だけでもつかむことができたら、それは受験勉強で得た知識を超える価値があると僕は思っています。結果はもちろんなんですけど、人生の序盤で自分自身のことをよりよく知るための壁役というか鏡の役として受験が立ちはだかってくれる……みなさんが受験で自分自身を映し出す鏡をのぞき込む体験が一瞬でもできたのであれば、その時点で受験にのぞんだ価値はあるのではないでしょうか。あらためて、みなさん! よくぞ自分を知ろうと頑張ったなと思います。今後もその体験を思い出して、受験結果を超える成果を生み出してくれることを、僕自身楽しみにしております」とエールを送りました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年4月2日(金)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭
放送日時:月〜金曜 22:00〜23:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/