プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「英語のアルク presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。8月24日(土)の放送は、前回に引き続き、元レスリング日本代表の吉田沙保里さんが登場しました。

吉田沙保里さん(右)とパーソナリティの丸山茂樹



◆実は追い込まれていたロンドン大会

丸山:オリンピック3連覇のなかで、一番思い出に残っている大会は?

吉田:3連覇が懸かった大会(2012年ロンドンオリンピック)が一番苦しくて。(日本選手団の)旗手もさせてもらったんですけど、「旗手をした人はメダルを獲れない」というジンクスがあったので。

丸山:ありましたね。

吉田:調子もすごく悪くて、得意とするタックルが全然決まらず、このままだとメダルを獲れないというところまで追い込まれた大会でした。私が出場する前の日に伊調馨選手と小原日登美選手が金メダルを獲ったので、2人が獲れたということは“私も絶対に獲れる”と思ったんです。自分の気持ちが駄目だと思っているからだと切り替えて。

丸山:なるほど。

吉田:一緒に金メダルを獲りたいという思いで臨んで、最後は気持ちで何とか持っていきました。

◆一番うれしかった勝利は?

丸山:人生のなかで一番思い出深い勝利は?

吉田:山本聖子選手に勝ったときですね。倒せる存在だと思っていなかったので。山本選手とのアテネ大会への戦いは熾烈でしたから。

丸山:目の前にいたライバルを倒した瞬間の喜びって、一生忘れないですよね。最後の2016年リオデジャネイロオリンピックでは、惜しくも銀メダルに終わって……あのときは僕もウルウルと泣きました。

吉田:調子は悪くなかったので、準決勝までは順調に勝って。決勝で戦ったアメリカのヘレン・マルーリス選手は、私がアテネ大会で優勝したときに“私がいつか吉田沙保里を倒す!”と思ったらしいです。4年前に戦ったときに大差で勝っていたので、そういうイメージしかなかった。“大丈夫だな”と油断したのもいけなかったんですけど、組んだ瞬間の圧がすごくて。“絶対に倒したい”という勢いを感じました。

丸山:もともとすごい選手だった?

吉田:前年に違う階級で世界チャンピオンになっていました。(リオ大会では)8キロぐらい体重を落としてきて。

丸山:すごい。それは吉田さんと戦いたいから?

吉田:私のいる53キロ級を狙って。体重を落として“吉田沙保里を倒す!”と思っていたんでしょうね。

◆4連覇を逃した敗因は?

丸山:相手の勢いもすごかったでしょうけど、敗因は?

吉田:勢いで圧倒されて、普段はかけない首投げとかをかけざるを得ない状況にさせられたというか。それでポイントを取られたのが2回ぐらいあったので。

丸山:全然自分のパターンに持っていけなかった?

吉田:向うのペースで……勢いにやられました。もう1回戦ったら勝てそうというか、あんな戦い方をせずにもうちょっと冷静になっていれば良かったかなという思いはあります。

丸山:あの試合で一番残っている後悔は?

吉田:かけなくてもいい技をかけて、冷静さが欠けたことですね。今までこれだけ経験してきているのに、何故リオ大会で出せなかったのかという後悔はすごくあります。相手が強いからこそですけど、自分の気持ちが弱かったですね。

丸山:練習のパートナーはいつもどのように決めていたんですか?

吉田:ロンドン大会までは、自分よりも1〜2つ階級が上の後輩選手とずっと練習していました。リオ大会では、53キロ級に階級が下がり、年齢も30歳を超えていたので、ケガにつながらないように軽めの選手とやっていたんです。上の階級の選手と練習していたほうが圧もパワーもあるので良かったんですけど、リオ大会での敗因には(練習相手に)軽い選手を選んだのもあったかなと。

丸山:そうなんですね。

吉田:私はほとんど減量することがないので。決勝で戦ったヘレン選手は8キロぐらい減量してきましたけど、当時は前日計量でしたから試合当日には5キロぐらい戻っていたと思います。戦っているときには5キロぐらいの体重差があるんですよね。

丸山:計量後は食べていいんだ? ボクシングと一緒なんだね。

吉田:はい。今は当日計量になっていますけど。減量で落としたぶん、食べれば戻りやすいので。

丸山:それはけっこうなハンディだったんですね。

次回8月31日(土)の放送も、引き続き吉田さんをゲストに迎え、お届けします。お楽しみに!

なお、番組では丸山プロへのメッセージ、ゴルフに関する質問などを、番組Webサイトにて随時受付中! また、番組Instagramでは、ゲスト写真などをアップしていますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年9月1日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


<番組概要>
番組名:英語のアルク presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00〜7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/
番組Instagram:@ movingsaturday_tfm