脳科学者の茂木健一郎がパーソナリティをつとめ、日本や世界を舞台に活躍しているゲストの“挑戦”に迫るTOKYO FMの番組「Dream HEART」(毎週土曜 22:00〜22:30)。2月13日(土)、20日(土)は、2週にわたってお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さんがゲスト出演。13日(土)放送は、絵本「えんとつ町のプペル」を出版した当時を振り返りました。

西野亮廣さん



1980年に兵庫県に生まれた西野さん。1999年に梶原雄太さんと、漫才コンビ・キングコングを結成します。西野さんの活動はお笑いだけにとどまらず、絵本執筆やソロトークライブ、舞台の脚本執筆を手がけ、海外でも個展やライブを開催しています。2015年には、東京・渋谷の“ハロウィン翌日のゴミ問題”の娯楽化を提案。区長や企業、500人ほどの一般人を巻き込む異例の課題解決法が評価され、広告賞を受賞。ほかにも「街づくり企画」「世界一楽しい学校作り」など未来を見据えたエンタメを生み出して注目を集めています。そして2016年に絵本「えんとつ町のプペル」を発表。累計発行部数69万部(※2021年2月現在)の大ヒットとなり、2020年12月には映画化もされて話題を集めています。

◆「今は今で結構、批判ありますよ」

茂木:肩書を“芸人”から“絵本作家”にしたときは、世間の反応はいろいろとありました?

西野:すごかったですね。15年くらい前なんですけど。当時は、「なんで芸人が絵本描いとんねん」とか「ひな壇出ろよ」とか、そういう声が結構ありました。非難ばかりでしたね。

茂木:“出すぎた釘は打たれない”って言いますけど、もう出ちゃったんじゃないですかね?

西野:でも、今は今で結構批判ありますよ。目立つとやっぱり、それなりにありますね。

西野亮廣さん、茂木健一郎



◆「これに乗っかっちゃだめだ」

茂木:しかし、絵本の65万部(※2021年1月収録当時)って、かなりすごくないですか?

西野:絵本の65万部はすごいですね。でも、決めていたことが1つあって。絵本に限らず本がそうなんですけど、本って大体、1週間、2週間が平積みになって、3週間目から棚差しなって、4週間経ったら本屋からちょこちょこ消えていく……っていう感じじゃないですか。“その勝負をしちゃだめだな”っていうのがあって。要するに、2週間以内に結果が出るタイトルや内容にしないと、売れないものになってしまうから。

茂木:すぐ伝わるものじゃないとだめ?

西野:そういう形のものしか、出来上がっていかないなと思って。“これに乗っかっちゃだめだ”と思って。それで僕たちは、個展を国内外でやって、その出口でお土産として絵本を売ることをして。なので、僕たちの絵本は、売り上げが止まることがないんですね。個展を回し続ける限り、細かくではあるんですけれども、少しずつ積み重なっていく。だからバズってはいないんですけど、売れ続けているという。



映画「えんとつ町のプペル」は、全国で絶賛公開中です。詳しい情報は、作品の公式Webサイトをご確認ください。

次回2月20日(土)の放送も、引き続き西野さんをお迎えしてお送りします。お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年2月21日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Dream HEART
放送エリア:TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局ネット
放送日時:毎週土曜22:00〜22:30
パーソナリティ:茂木健一郎
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/dreamheart/