TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。今回のお客様は、丸山桂里奈さんとホラン千秋さん。ここでは、バラエティ番組での立ち振る舞いについて熱く語り合いました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)丸山桂里奈さん、ホラン千秋さん


◆バラエティ番組談議

丸山:よくインタビューとかで、「現役のときはゴールを決めてきましたが、バラエティで“ゴールを決めた”って感じる瞬間はいつですか?」って聞かれるんだけど。

ホラン:“あれは、つめ跡を残したな”みたいな?

丸山:そう。でも、そもそもゴールを決めた瞬間なんて、自分には絶対に分からないじゃん。

ホラン:え、分かるんじゃない? “今の超ウケたな”とか。

丸山:いや、聞こえないもん。

ホラン:(笑)。みんなが笑っているのは分かるでしょ?

丸山:いやだから、MCの人としゃべるじゃない? そのときに、MCに聞かれたことを理解するために考えるんだよ。だから自分がしゃべっているときに、周りがどういうふうにしゃべっているかって、あまり分からないのよ。

ホラン:目の前のことに集中すると、それだけで頭がいっぱいになっちゃうから、あまり(周りの声が)聞こえなくなるっていうことか。

丸山:そういうことかも。

ホラン:じゃあ現役時代も、プレイしているときの歓声とかって全然聞こえなかった?

丸山:それは聞こえる。

ホラン:聞こえるんじゃないの!

丸山:(笑)。でもやっぱり、バラエティやテレビのお仕事は正解が分からないから本当に大変だなって思う。

ホラン:難しいよね。

丸山:うん。正解だと思ったことが1個もない。そうじゃない?

ホラン:でもなんか、丸ちゃんはいつもゴールを決めてるイメージがある。

丸山:それは全然ないよ。私、いつもマネージャーさんと反省するもん。「今日どうだった?」とか言って。それで、マネージャーさんが「大丈夫だったよ」って言ったら“大丈夫だったんだな”って思うけど、それでもモヤモヤしながら帰るよ。

ホラン:「ダメだった」って言われる日はあるの?

丸山:私が気にしちゃうのを知っているから、「ダメ」って言われたことはあまりないけど。

ホラン:でしょ(笑)? 絶対ないって。だって、丸ちゃんができることは他の人にはできないもん。

丸山:それはないと思うよ。

ホラン:できないと思うよ。

丸山:いや、逆にできるって。

ホラン:じゃあ、何だったら(丸ちゃんと同じことを)できるなって思う?

丸山:だから……“腹から声を出す”じゃない? 私、声が小さいってよく言われるんだよ。

ホラン:そこじゃないのよ(笑)。声の出し方じゃなくて、結果の残し方(笑)。

丸山:それは、分からないよ(笑)。“真っすぐ座る”とか? 私、落ち着きないから。

ホラン:(笑)。もう……多分そのままでいたほうがいいわ。そのままでいれば、自然といつもゴールを決めてるから。

----------------------------------------------------
▶▶ホラン千秋「彼氏に求める27項目」とは? 続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→https://audee.jp/about
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00〜26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/