有吉弘行がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」。11月12日(日)の放送は、アシスタントに新宿カウボーイの石沢勤とブラックパイナーSOSの山野拓也を迎えてお送りしました。


(左から)石沢勤、有吉弘行、山野拓也



この日のメッセージテーマは“狩猟の話”。ゲスナー(※当番組でのリスナーの呼称)から狩猟にまつわるメッセージを募るなか、漫才協会に所属する石沢が「おぼん師匠が熊の手を食べたことがあるそうなんですが『脂っぽくて食えなかった』って言っていましたね」との発言からジビエの話題に。

以前から“ジビエ好き”を公言している有吉は、「確かに熊の肉はだいたい脂っぽいからね」とおぼん師匠の言葉に合意。さらには、「やっぱりちょっとケモノっぽい感じもあるよね」とも。

有吉のジビエ好きは世間にも認知されているようで、先日、富山旅行に行った際、宿泊先の旅館から特別に熊の肉を提供され、さらにはイノシシの肉も多めに出してくれたそうで「あれはうれしかったね」と笑顔で振り返ります。

ここで、好き嫌いの多い石沢が「(熊やイノシシ肉の)クセはどうなんですか?」と聞くと、有吉的にはどちらもケモノくささはまったく感じないと言い、「そういう肉がダメな人に言わせたら、牛肉だって『くさい』って言うからさ。そういう意味では、やっぱりイノシシとかもくさいって思うんだろうな」と持論を展開。

続けて、「(ジビエ肉を)食べたことはないの?」とアシスタントの2人に質問すると、石沢は「熊やイノシシは食べたことがないですけど、ジンギスカンはクセがあってダメですなんよね」と吐露。

これに有吉は「今はもう“羊がくさい”っていうイメージはまったくないよ」と反論。さらには、「食レポとかを観ているとさ『この羊、こんなにクセがないんだ!』って言うのをよく聞くけど、普段から食べている人から言わせれば『そりゃそうだろ、バカが!』って(笑)。そんなの牛肉を食べて『このステーキ、クセがない!』とか『このトンカツ、豚独特のくさみがないですね!』って言ってるのと一緒。“クセがない”なんて感想を言っているうちに入んねぇんだよ!」と苦言を呈していました。

<番組概要>
番組名:有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER
放送日時:毎週日曜 20:00〜21:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国25局ネット
パーソナリティ:有吉弘行
番組Webサイト:https://audee.jp/program/show/27400
スマホアプリ 「AuDee(オーディー)」ではスペシャル音声も配信中!