ラジオの中の学校、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」。7月20日(火)の放送では、『プロフェッショナル〜後輩の流儀〜』をテーマにお届けしました。学校では先輩がいる立場の中2や中1、高2や高1のリスナーから、“後輩としての処世術”を募集。パーソナリティのさかた校長とこもり教頭が、届いたメッセージを紹介し感想を伝えました。



――リスナーから届いた〜後輩の流儀〜
【私は、先輩に絶対手を振らないようにしています】(17歳女性)

さかた校長:素晴らしいですね(笑)。安易に「対等な立場だよ」みたいなことをしたら、怒られる可能性もあるから。

こもり教頭:でも、フランクな先輩もいらっしゃるじゃないですか。向こうが見つけてくれて、「お〜!」って手を振ってくれたときはどう出ます?

さかた校長:でも手は振らないね。「おはようございますっ!」って、クイック会釈しながら言う。教頭は?

こもり教頭:両手出しちゃう。「お〜! わ〜!」ってやっちゃう(笑)。

さかた校長:やりすぎなんよ。それは、すしざんまいやから!

こもり教頭:先輩が来ると両手を出しちゃうんだよね〜(笑)。

さかた校長:でも、この“手を振らない”というのを一貫してやっているのは、素晴らしい技術だね。

こもり教頭:確実に、はずすことはないからね。


【先輩のリュック(リュックに付いてるキーホルダー等)を覚えておく。そうすると、通学のときの人混みの中でも先輩を見つけて挨拶することができる!】(17歳女性)

さかた校長:先輩の持ち物を把握しておくことによって、その場に先輩がいなくても「戻ってくるかも……!」という気構えができるよね。

こもり教頭:でも、それにはフェイントがあって……“L”社のスタジオに先輩のバッグが置いてあったの。「〇〇さんいるわ〜」と思って挨拶しようと待っていたら、そのバッグに憧れてマネして買った後輩のものだったの。「お前かい!」ってなったことある。

さかた校長:うわ〜、それもあるね。お笑い好きに関しては、絶対的なことがあるんだけど……売れていなかったらリュックで、売れていたらトートバッグなのよ(なかには違う人も)。

こもり教頭:(笑)。

さかた校長:だから楽屋にキレイなトートバッグがあったら、「誰か、売れている人いるな!」……「あっ、パンサーさん、おはようございます!」みたいな。

こもり教頭:(笑)。



【先輩とどこか行くとき、先輩によってメイクと髪型を変えてます。ただし、先輩が複数人いたり、部活のみんなで遊ぶときは、学校と同じメイクと髪型をしてます!】(16歳女性)

さかた校長:なるほどね〜。先輩とかぶらないように、というのもあるし。先輩が「派手なの好きじゃない」というときに、このノリだと……というのもあるよね。

こもり教頭:正直、これあるね(笑)。“L”は自分のごほうびで、ちょっと高いものを買うことがあるのよ。それで先輩と出かけるときにそれを着けて行くと、先輩を上回っちゃうことがたまにあるのよ。

さかた校長:それは穏やかじゃないよな。

こもり教頭:だから、事前にわかっているときは、ちょっとキラキラしたものを外していく、というのはある。不意に誘われたときは、そっとポッケにしまうとか……(笑)。

さかた校長:(笑)。俺は事前にその人と会うってわかっているときは、その人にもらった服を着ていくね。

こもり教頭:そういうのもわかる!(笑)。


――この日の放送では
・『野球部の先輩には、親しさのレベルで「(親しい先輩には)うす!」「(そこまで親しくない先輩には)おっす!」』と、返事を言い分けているという13歳男性リスナー
・『生徒会の先輩には、直接話す前にLINEで仲良くなり距離を縮めておく』という14歳女性リスナー
・『弓道部の微妙な距離の先輩の道具は丁寧に拭いて、遅すぎず雑過ぎないのが大切』という15歳男性リスナー
と電話をつなぎました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年7月28日(水)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55/金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/