TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。今回のお客様は、テリー伊藤さんとTRF・SAMさん。ここでは、SAMさんがダンスを始めたきっかけからトークが繰り広げられていきました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)テリー伊藤さん、SAMさん


◆SAM、15歳でディスコに通う

伊藤:そもそもダンサーになろうと思ったきっかけは何だったの?

SAM:15歳・高校1年生のときに初めてディスコに行ったんですよ。それが1979年で、それこそジョン・トラボルタが流行っていた頃です。

伊藤:あぁ、映画「サタデー・ナイト・フィーバー」ね。

SAM:それが流行るか流行らないかくらいの頃でした。まだガキで何も知らなくて行ったんですけど、ディスコのなかで常連の人が踊り出すと、周りの人もだんだん(常連の人を中心に)サークル状になって踊り出すんですよね。

すると、踊っている常連の人がスターに見えてくるわけですよ。顔もめちゃくちゃかっこよく見えてきて“あんな人になりたい!”と思ったのがきっかけですね。

伊藤:15歳の子がディスコに行って補導とかはされなかったの?

SAM:当時は、けっこう緩かったので大丈夫だったんですよ(笑)。中学生の子とかもいっぱいいましたからね。

伊藤:あっそうなんだ(笑)。ディスコって、女の子をナンパしたりするのが意外と普通じゃない? 当時もそういう感じ?

SAM:一番最初はそういう感じでしたね。“女の子とチークタイムを踊りたい”みたいな。

伊藤:チークタイムなんかもあったの!?

SAM:1時間おきくらいにDJが必ずチークタイムを入れてくるんですよ。2曲くらいスローな曲をかけて。

伊藤:その当時はどういう曲が流れていたの?

SAM:ピーチズ&ハーブの「リユナイテッド(恋の仲直り)」とか、コモドアーズの「Easy」とかが流れていましたね。

伊藤:楽しい時代だなぁ。

SAM:それからディスコにしょっちゅう通うようになって、ダンスが好きになっていきました。そうすると、踊れる常連たちと仲良くなるんですよね。それで、自分も見よう見まねで一緒に踊っているうちにだんだん覚えてきて、コンテストにも出るようになりました。

最初は勝てないんですけど、だんだん優勝できるようになっていって。そのときに、新宿・歌舞伎町の「NEWYORK NEWYORK」っていうディスコで。

伊藤:有名ですよね。

SAM:はい。そこで、「ミッキーマウス」っていうチームを組んだんです。大体レギュラーが7人くらいいて、取り巻きが30人くらいいたんですよ。

伊藤:女の子たちが?

SAM:いや、男ですね。“チームに入りたい!”っていう。

伊藤:そういう取り巻きね。

SAM:「NEWYORK NEWYORK」が午前1時で終わっちゃうんで、朝まで踊れるディスコにみんなで移動するんですけど、30人くらいで歌舞伎町を移動するんですよ。それで、リーダーが入口で店長と「30人いるけど、1人500円で入れてくれないか?」って交渉したりして(笑)。

伊藤:面白い(笑)。

SAM:そんなことをしているうちに、チームが歌舞伎町でめちゃくちゃ有名になってきて。そうしたら、(ダンスに対して)だんだんストイックになってくるんですよね。“ディスコで女の子と話すのはかっこ悪い”“ディスコは踊る場所だ!”みたいな、堅物になっちゃったんですよ。なので、本当にナンパもしなかったですね。

伊藤:でも、モテたでしょ?

SAM:いや、あまり女の子も寄って来なかったです。

伊藤:逆に“寄ってくるな”っていうオーラを出しちゃったんだね。

SAM:はい。一生懸命踊るだけ、みたいな感じでしたね。

◆「ダンス甲子園」誕生秘話

伊藤:僕は「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」(日本テレビ系)で「ダンス甲子園」を始めたんですけど。

SAM:懐かしいですね。

伊藤:なぜ「ダンス甲子園」を始めたかというと、あの時期に「三宅裕司のいかすバンド天国」(TBS系)っていう番組があったんだけど、“楽器はできないけど、音楽が好きな人はいっぱいいるよな”って思ったんですよ。

バンドをやるのってお金がかかるじゃないですか。ドラムだったり、アンプを買ったり、ギターを買ったりするとね。それで、お金がなくても音楽を楽しめるものって“ダンスしかないな”って思って「ダンス甲子園」を考えたんですよ。

SAM:テリーさんのそういう発想って面白いですよね。

伊藤:ありがとうございます。だから、黒人の人たちがラップをやっているみたいな感覚で、“金がなくても天下を取ってやろう!”みたいなノリのほうが面白いなと思ってね。

*   *   *

来週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

4月25日(月)クリープハイプ・尾崎世界観さん×My Hair is Bad・椎木 知仁さん
4月26日(火)おいでやすこが・こがけんさん×ジェラードン・アタック西本さん、かみちぃさん
4月27日(水)井上公造さん×生島ヒロシさん
4月28日(木)ダチョウ倶楽部・肥後克広さん×森本レオさん
がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶ SAMとテリー伊藤が白熱のダンス談義! 続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→https://audee.jp/about
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00〜26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/