本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。4月22日(水)の放送は、ASKAさんがリモートで出演しました!


ASKAさん


◆すべてにおいて“想像”で動いている
マンボウ:3月20日(金・祝)に、アルバム『Breath of Bless』リリースおめでとうございます。

ASKA:ありがとうございます。

マンボウ:今回のアルバムは、どんなコンセプトだったのでしょうか。

ASKA:コンセプトはないんですよ、考えたことがなくて。僕は、自分の音楽は“バリエーション”だと思っているので、1つの色で統一するなんてことはなくて。楽曲は、すべて自分の感じる線を超える所に到達した楽曲だけを、アルバムに入れようと思っているんですね。

それで、今回15曲収録って、初めての曲数なんですね。僕にとっては。74分っていうCDの最大収録時間があるんですけど、それを超えて76分になりましたので。

マンボウ:それを超えることがあるんですね。もちろん全曲聴かせていただいて。大事な人との繋がりという歌から、もっと大きな所まで、いろいろな歌があって。浜崎さんは、どうでした? アルバムを聴いて。

浜崎:アルバム1枚を通して、すごく、生命力というか“命”を感じて。そして、音楽に対しての愛から生命を感じるというか……ちょっと表現が下手になってしまったのですが。

ASKA:よく、自分の目の前に立ちはだかるものに対して、そこを乗り越えるっていうテーマは、皆さん歌っていらっしゃいますし、その世代の共鳴を呼ぶことだと思うんですね。ところが、目の前に起こっている出来事っていうのは、日頃、自分が生活しているスタイルのなかではなくて、生きているなかで起こっているということに、自分で感じているんですね。

やしろ:僕も聴かせていただいて。全然話が変わるんですけど、1回、数年前に、目の裏が痛くなって、まったく体が動かなくなって、救急車を呼ぼうかなと思ったけど、電話まで動けないときにすごく不思議なことが起きて。時代とか場所を飛び越えて、スーッと世の中の景色が見えたときがあるんですよ。

でも、このアルバムを聴いて、僕はASKAさんが人でありながらも、人じゃない。海になってしまいたかったり、歌になってしまったりとか。そういう気持ちがありながらも、“だから人って素晴らしいよね”みたいな。すごく、アルバム1枚のなかで、変幻自在に変わろうとしていることを感じたんですけど。そういう部分って、あるんですかね。

ASKA:これは20年30年くらい前に語っていたことなのですが、“現在・未来・過去は、同じ時間軸で同時に走っている”ということに辿り着いたことがあるんですよ。そのなかで、いつの間にかパラレルワールドっていう話が出てきたり、量子力学で、時間には距離も何もなくて、現在と未来と過去は、切り分けできなくて同時なんだ、ということを語れるようになったときに、“昔、自分が感じていたあの瞬間のことが、解明されようとしているのか”と思って。

僕は、すべてにおいて“想像”で動いているので。僕らの世界は想像じゃないですか。科学は、想像を超えることができないので。想像があって、そこに科学がついてくるじゃないですか。だから、すべてのことは想像意識だと思っているんです。ちょっと非現実的になるんですけど、そういう所に辿り着いてからの楽曲の書き方って、本当に変わってきますね。

やしろ:それでは、特に今回のアルバムっていうのは、そういう考え方が変わって、それをさらに構築されて、できたアルバムということですか?

ASKA:この年齢に辿り着いて、思うことが確信・証明されて、それから、またこの先の想像。そういうものが確かに入っている気がしますね。

やしろ:いま、いろいろな立場の方がいると思います。どういう環境の方に届けたいとか、どういう気持ちで聴いて欲しいとか。リスナーさんに向けて、曲に対して、お言葉があればいただきたいのですが。

ASKA:僕は、すべてのことにおいて大切なのは“出会い”だと思っているので。どれだけ声を大きく上げても、隣の人に聞こえないときは聞こえないですし、遠い人でも、全然届くはずがないものが届いたりする瞬間ってあると思うんですよ。だから、今回のアルバムのリリースした時期と、僕の作品とで繋がってくれる人がいてくれれば、それはありがたいなと思っています。

<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月〜木曜17:00〜19:52
パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/sky/
番組公式Twitter:@Skyrocket_Co