TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。9月7日(月)のお客様は、佐藤二朗さんと大泉洋さんです。個性派俳優お2人による深夜のトークは爆笑必至!?
▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!

(左から)佐藤二朗さん、大泉洋さん



◆あなたにとって台本とは?(大泉洋)

大泉:我々は、12月11日(金)公開の映画「新解釈・三國志」に一緒に出ますから。あなた、まだ観てないんでしょ?

佐藤:何でわかるの?

大泉:聞いたもん、プロデューサーから。私は、もう初号を観ましたよ。

佐藤:あなたは主役だから、当然でしょう。

大泉:面白いです。なかでもやっぱりあなたが出てきてからが面白いんだけど、私は本当に今日お聞きしたかったんですけど、あなたにとって台本って何ですか?

佐藤:ちょっと、失礼なことをお言いでない? 大泉。台本というのは、役者にとって“すべて”です。すべての答えは台本にあります。それは間違いない。

大泉:どの現場でもあんなこと(アドリブ)しているんですか? あれをどの現場でもやっていて今まで生き残っているんだったら、どうしてこんなに(キャスティングに)使われるのかな、と思う。台本に書いてあることは1つも言わないんだから。

佐藤:違う。それは……正直に言いましょう。さっき「新解釈・三國志」をまだ観てないって言いましたけど、もう何をやったかも覚えていないんです。

大泉:ハハハハ!!

佐藤:なんなら、私が出ているかどうかもあまり自信がないんです。

大泉:よくそんなスタンスで仕事を続けられますね。昔、(韓国の俳優)チャン・ドンゴンも言ってたらしいですよ。もう絶望のなかで、うわぁああって何か叫びまくる、みたいなシーンで、カットがかかったあとに、「僕は今、何をやっていた?」って言ったと。

佐藤:大泉。俺のことを、これからチャン・ドンゴンって呼んでほしい。

◆新事実! 佐藤二朗のアドリブは“福田組限定”だった!?

大泉:あなたのアドリブは全然、それとはわけが違う(笑)。「新解釈・三國志」のシーンでも、目の前にあった虎の絨毯を持って、俺に向かって怒るシーンがあるんですけど、あなたは虎の絨毯を持って俺に一生懸命、「ガオ、ガ、ガ、ガオ、ガオ、かじってやろうか、か、かじってやろうか」みたいなことを延々と言ってた(笑)。

佐藤:洋君。それ、俺じゃないね。

大泉:あんただよ!

佐藤:ちょっと待ってください。それは本当に申し訳ないけど、“福田(雄一監督)組限定”です。ほかの現場のプロデューサーとかに聞いて回ってほしい。

例えばこの間、「柴公園」という映画に出たんですけど、主演の渋川清彦さんが「驚いた」と言うんです。僕がどんなふうに台本を崩してくるのかと思ったら、一字一句台本通りだった、と……渋川清彦にお願いして、全国にこのことを広めてほしい。

*   *   *

来週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

9月14日(月)成田凌さん×行定勲さん
9月15日(火)ハマ・オカモトさん×根本宗子さん
9月16日(水)堤幸彦さん×窪塚洋介さん
9月17日(木)新井敏記さん(編集者・スイッチ・パブリッシング社長)×町口覚さん(グラフィックデザイナー・パブリッシャー)
がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶佐藤二朗と大泉洋の”ジェラシートーク”が止まらない!? この続きは「AuDee(オーディー)」でチェック!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00〜26:00
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/speakeasy/