お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。6月11日(土)放送のお客様は、藤井フミヤさんです。

60歳の誕生日となる7月11日(月)に、東京・日本武道館で“還暦”バースデイライブ「FUMIYA FUJII 60th BIRTHDAY RED PARTY」をおこなう藤井さん。ここでは、チェッカーズ時代を振り返りました。


藤井フミヤさん


1962年生まれ、福岡県久留米市出身の藤井さん。チェッカーズのボーカルとして1983年にデビュー。数多くのヒット曲を世に送り出し、1980年代を代表するバンドに。

チェッカーズ解散後の1993年、ソロとして「TRUE LOVE」をリリース。ドラマ「あすなろ白書」(フジテレビ系)主題歌となったこの曲は、200万枚を超える大ヒットに。以降、「タイムマシーン」「Another Orion」などのヒット曲を多数発表。

また、画家としての一面を持ち、1993年には初個展「FUMIYART‒Take a break-」を開催。2005年の愛知万博「愛・地球博」では、名古屋市のパビリオンの総合プロデューサーを務めました。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」ゲスト:藤井フミヤさん


◆3曲ベスト10入りした「チェッカーズ人気」を振り返る

川島:チェッカーズのデビューのきっかけを教えていただけますか?

藤井:18歳ぐらいのときにヤマハのコンテスト(ヤマハ・ライトミュージック・コンテスト)を受けて優勝したんですよ。優勝特典としてデビューすることになりました。

川島:昔から歌手になりたいという夢はあったんですか?

藤井:「俺は音楽で食っていくんだ」っていう気持ちは全然なかったですね。一番の目的は「東京に住みたい」でした。

川島:東京に憧れがあったんですね。

藤井:そう。「デビューをきっかけに東京に出られるな」って思いました。

川島:当時は、どのようなアーティストが好きだったんですか?

藤井:あの頃は洋楽ばかり聴いていましたね。1950年、60年代の音楽ばかり聴いていました。チェッカーズってドゥーワップのバンドだったんで、昔は黒のダボダボのスーツを着ていました。

川島:そうなんですか! 僕が覚えているのはチェック柄の衣装です。

藤井:チェックを着させられたことで、たぶんアイドル(バンド)になったね。この頃はバンドがいなかったので、時代がよかったんですよね。ちょっと前まで、たのきんトリオが流行っていた時代です。

“バンド”って言ったらHOUND DOG、サザンオールスターズ、シャネルズぐらいしかいなかったですね。あまり若いバンドがいなかったな。そこに行ってチェックを着せられて、いまどきの音楽じゃなくて、ベタベタな歌謡曲を歌ったのがよかったんでしょうね。

川島:バンドメンバー内で反対意見はなかったんですか?

藤井:嫌がっている人はいましたけど、俺は「いいじゃん! カッコいい」って思っていましたね(笑)。

川島:そうして「ギザギザハートの子守唄」(1983年)でデビューして、いきなりブレイクするわけですね?

藤井:いや、「ギザギザハートの子守唄」は売れなかったんですよ。

川島:えっ!?

藤井:楽曲があまり売れない半年間を過ごしました。

川島:そうなんですか。

藤井:翌年(1984年)に出した「涙のリクエスト」がバーンと売れちゃうんですよ。そのヒットがあって、「前にもう1曲あったらしいよ」ってことで「ギザギザハートの子守唄」が(オリコンチャートやランキング番組のベスト10に)ランクインしていきました。

川島:そういう売れ方なんですね!

藤井:そう。「涙のリクエスト」が売れてるのに、次のシングル「哀しくてジェラシー」(1984年リリース)も出ちゃったから、最終的に3曲がベスト10入りすることになりました。

川島:なるほど。全部が重なって、一気に時代を席巻していく。

藤井:3曲がベスト10入りしたとき、世の中がチェッカーズ一色みたいに見えましたね。

▼60歳の誕生日にバースデーライブを開催!▼
7月11日に(月)60歳の誕生日を迎える藤井フミヤさんが、誕生日当日に東京・日本武道館でバースデーライブ「FUMIYA FUJII 60th BIRTHDAY RED PARTY」を開催します。チェッカーズ時代から現在に至るまでの曲を堪能できる一夜限りの還暦ライブです。
同日17時からは、WOWOWプライム・WOWOWオンデマンドで公演の模様を生中継します。
当日は、ファッションのどこかに“赤”を取り入れて、フミヤさんの還暦をお祝いしましょう(例えば、下着が赤でもOKだそうです!)

詳しくは公式Webサイトをご確認ください
https://www.fumiyafujii.net/live/2022/04/07/5950

▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee /Spotify)も配信中です。

次回7月2日(土)の放送もお楽しみに!

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey 〜土曜日のエウレカ〜
放送日時:毎週土曜 17:00〜17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/