青木源太と足立梨花がパーソナリティをつとめ、暮らしに役立つ情報や気になるトピックを深掘りしていくTOKYO FMの番組「青木源太・足立梨花 Sunday Collection」。9月19日(日)の放送では、経済産業省 製品安全課長の田中秀明(たなか・ひであき)さんに、「みんなで防ぐ高齢者の製品事故」をテーマに話を伺いました。


(左から)田中秀明さん、足立梨花、青木源太



◆“高齢者の不慮の事故”原因は?
消費者庁の分析調査によると、高齢者の不慮の事故で多いのは、喉にものを詰まらせる“窒息”や“転倒・転落”、そして、気管に水が入る“溺水”です。驚くことに交通事故より多い、毎年約3万人の高齢者が不慮の事故で亡くなっています。

そんななか、特に心配されているのが“家庭内での不慮の事故”。先ほど挙げた高齢者の不慮の事故の多くは家庭内で起こっています。さらに、新型コロナウイルスの影響で、家で過ごすことが多くなったことによる運動不足から身体機能の低下が起こり、事故が増えることも考えられています。

筋力が低下している高齢者の場合、椅子に座ってうたた寝をしているうちに、体が前にズレて椅子から滑り落ちてケガをしてしまうケースや、食事中に椅子に正しく座ることができず、体が前にズレて食べ物を喉に詰まらせる事故も起こっています。こうした事故を防ぐためにも、田中さんは「高齢者の体格に合った椅子を選ぶように気を配ってほしい」と提言します。

椅子を選ぶ際のポイントは“座面の奥行き”と“高さ”です。座面の奥行きが深すぎたり浅すぎたりしないか。深く腰かけたときに、膝を90度に曲げた状態で足の裏の全体が床にしっかりとつくか、などに気をつけて選ぶと良いそうです。

また、家庭内の転倒・転落で注意するべきこととして、「床に敷いていたカーペットの上で滑ってバランスを崩し、転倒した事例もあるので注意していただきたい」と話します。床や畳に敷くタイプのカーペットは、滑ったり端が浮き上がってつまずく原因にもなるので、テープで床にとめ、滑らないようにすると転倒防止に有効です。

また、段差のある階段や玄関のほか、トイレやお風呂場、リビング、寝室など、座った状態から立ち上がる動作が発生する場所には、あらかじめ手すりを付けることで、転倒事故のリスクを減らすことができます。ただし、高齢者が利用しやすい手すりを設置するには、取り付ける位置や色などで知識が必要になることから、専門の業者に依頼するほうが良いそうです。

◆事故防止には「家族やまわりの方の協力が必要」
高齢者の場合、“ガスコンロ”による事故も多く発生しています。近年は安全装置として音が出るものが多いものの、高齢者のなかには、聴力が低下して高い音で鳴る警告音が聞き取りづらかったり、認知機能の低下で音が何を表しているのか分からなかったりする場合も。

田中さんは、「高齢者の心身の変化に気を配り、警告音が聞こえにくかったり、製品の機能が理解しづらい、といった点にも配慮したうえで安全対策をしている製品を選ぶことが大切」と話します。

なかには、ガスコンロを使用中に服に着火し、やけどを負ってしまう事故も。高齢者は炎が見えにくいことに加えて動作がゆっくりなため、調理中にガスコンロの炎が服の袖に着火してしまうリスクが高く、注意が必要です。

そのほか、家庭内での事故で用心したほうがいいこととして田中さんが挙げたのは、トレーニング器具。コロナ禍で外出自粛などの影響による運動不足を解消するため、家庭内でトレーニング器具を使う機会が増えていると見られていますが、「誤った使用方法による事故も発生している」と言います。

例えば、ルームランナーを使用中にベルトの端に足が引っかかり傷を負う事故がありました。原因は、裸足で使用して停止間際に歩行ベルトから降りようとしたためで、取扱説明書には「運動靴を履いて使用する」「裸足で使用しない」「完全に停止してから降りる」と記載されていたそうです。

そのため、田中さんは「トレーニング器具を使用する際は取扱説明書をよく読み、自己流の方法で使用しないことを心がけてください。体力や健康状態を過信せず、無理な運動は控え、運動中に異常を感じたらすぐに使用を中止するようにしましょう」と注意を促します。

今回紹介したような家庭内での事故を防ぐためにも、「家族や周りの方の協力が必要です。日頃から高齢者にとって安全な環境を整えられるよう、心がけていただければ」と呼びかけました。

足立が一番驚いたこととして挙げたのは、家庭内で椅子からの転落事故があること。「“椅子からの転落に注意”ということをみなさんに知ってほしい」とコメントしました。青木は、「トレーニング器具を使う場合は、取扱説明書をよく読むこと」に着目。「取扱説明書を読むのは億劫だと思いますけど、危険なことはそこに書いてあるので、きちんとご一読するようにしてほしい」と話していました。


(左から)足立梨花、青木源太



----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年9月27日(月) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:青木源太・足立梨花 Sunday Collection
放送日時:毎週日曜 7:30〜7:55
パーソナリティ:青木源太、足立梨花
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/collection/