声優としても活躍中の鈴村健一(月〜木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。3月31日(水)放送のコーナー「リポビタンD TREND NET」のテーマは、「新年度から電気料金1,000円以上値上げ」。元経済産業省の官僚で制度アナリストの宇佐美典也(うさみ・のりや)さんに話を伺いました。


電気料金が、4月1日(木)の新年度から値上がりします。一般的な家庭で年間、約1,000円値上がりするということです。

◆新年度の電気料金…一般的な家庭では、どのくらいになるの?

宇佐美:経済産業省の計算の前提では、2人世帯で1ヵ月あたり260kWh、年間3,120kWh程度の電力消費としています。家庭向けの電気料金が約23円/kWh程度なので、23×3120で、もともと年間72,000円弱だったものが、約0.4円/kWh上がることで、73,000円弱になるということですね。

鈴村:なるほど。これは、4月分の電気料金から値上げになるということですか?

宇佐美:そうですね。正式には、“再エネ導入のためのコストが0.4円/kWh上がる”ということです。これが電気料金の値上げに繋がるとは限らないのですが、“ほぼほぼ値上げかな?”というところですね。

◆なぜ、値上がりするの?

宇佐美:日本では「固定価格買取制度」、通称「FIT」という制度が運用されています。この制度は、太陽光や風力、水力、地熱、バイオマスなどのいわゆる「再生可能エネルギー」をエネルギー源とする発電所で作った電気は、電力会社が決められた価格、決められた期間で買い取らなければいけない、という制度です。

例えば、この制度が作られた2012年にできた太陽光発電所に関しては、40円/kWhで20年買い取らないといけないとされています。本来、電力は原価が10円を超えると赤字なので、これだと大赤字になってしまう。その赤字分を、国民が広く薄く負担して補填することになっています。

その負担分が、先ほど言った通り、0.4円分値上がりします。2020年度で2.98円/kWhのところ、2021年度からは3.36円/kWhとなる予定です。その分値上がりするということです。

この理由としては、昔作られた高コストな発電所の電気の買い取りがかさんでいることがあげられます。その買い取り額は、2012年は40円/kwhで、今はかなり低コスト化が進んで12円/kWh程度まで下がって、1/3以下になっていますね。

鈴村:下がってはきているんですね。今回の値上げは、いつ決まったことなんですか?

宇佐美:値上げに関しては、この制度ができた当時から、2032年くらいまでは上がり続けるという予測は立っていました。あと10年くらいは、上がり続けるということですね。

鈴村:あっ、そうなんですね!? 2032年までは値上がりする?

宇佐美:そうですね、ほぼほぼ値上がっていくことが確定しています。制度開始当初の高コストな電源の買い取りがあるので、その買い取り期間の20年が終わるまでは上がっていきますね。

鈴村:これは、再生可能エネルギー導入の拡大に伴っておこなわれると?

宇佐美:そうですね。どの国も再生可能エネルギーを拡大するためにやっている話です。

鈴村:そういうものだということなんですね。2032年までとなると、まだ11年もあります。その期間、国民の負担を抑えつつ、再生可能エネルギーを導入拡大をする方法・手段はないのですか?

宇佐美:これはなかなか難しい問題で。当初の政府の予定としては、2040年ごろまでは、再エネ導入とあわせて、原子力発電を稼働させて安い電気を供給して、全体で見れば値上がりしないように予定していました。そこから徐々に原発を減らすということにしていたのですが、原発の再稼働が思うように進まなかったことで、電気料金の上昇を招いています。

短期的には、これに代わる抜本的な解決策はありません。できる工夫としては、各家庭で各電力会社のプランを見て、自分の電気の使い方に合うプランに切り替えると、なんとか電気料金を上げずに済むかなというふうには思います。

鈴村:僕も使い方に合うものを一生懸命選んで変えてみました。価格がどのくらい変わるのか、ちょっと楽しみです!

これから11年、電気料金が少しずつ値上がりしていくなかで、生活をしていかなければなりません。電力に関しては、いろいろと思うことがありますよね。日本は地震大国であり、そのなかで電力発電について議論されています。再生可能エネルギーは乗り越えなきゃいけない話です。そういう意味では、みんなで負担することは必然なのかも。これを機に日本の電力について調べたり、一歩踏み込むことをしてもいいのかなと感じました。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2021年4月8日(木) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月〜金曜6:00〜9:00
パーソナリティ:鈴村健一(月〜木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイトhttps://www.tfm.co.jp/one/