木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。5月のゲストには、映画コメンテーターのLiLiCoさんが登場。5月30日(日)の放送では、LiLiCoさんの今後の夢と、“人生の1曲”について伺いました。


◆LiLiCo、今後の夢はスウェーデンで…
LiLiCoさんは、「50歳になったらミュージカルをやりたい!」という10年越しの夢を、今年3月上演のミュージカル「ウェイトレス」で叶えました。18歳のときに単身でスウェーデンから来日してからの波乱万丈な数々のエピソードに、木村は「夢を叶える魔女ですからね!」と唸るほど。

今後の夢をあらためて尋ねると、「スウェーデンに帰りたいっていうのと、10〜15年後ぐらいに、スウェーデンで鉄板焼き屋さんをオープンさせたいなと思っていて。そろそろ人材を探さないといけないなって」とプライベートでの夢を明かします。

そんなLiLiCoさんには、もう1つチャレンジしたいことが。第1週目の放送で、「デュエットしたい!」と宣言し、その相手として松崎しげるさんの名を挙げていたこともあり、「あとは、松崎しげるさんとのデュエット(笑)」と再びラブコールを送りました。

◆LiLiCoの“人生の1曲”は?
毎回、番組ゲストに挙げてもらっている「人生の1曲」。LiLiCoさんは、迷うことなく、映画「グリース」(1978年公開)のサウンドトラックから、ジョン・トラボルタ&オリビア・ニュートン=ジョンの「You're The One That I Want」をセレクト。

「小さい頃からたくさんの映画を観てきたなかでも、『グリース』がすごく強く(印象に)残っていて」と話します。

公開当時、LiLiCoさんは8歳。「映画では、最初は勉強ばかりしていた女の子が、髪の毛を巻いて、赤い口紅をつけて、黒い革ジャンを着て、ピンヒールで歩く姿に、“ワォ!”ってなって」と、ヒロインを演じるオリビア・ニュートン=ジョンに心を奪われたと言います。

さらには、遊園地で踊るシーンに「(当時)遊園地は踊るところだと思い込んでいて。いまでも遊園地に行くと、“『グリース』ごっこ”をするぐらい(笑)。フィナーレで流れる、遊園地で踊っている2人のデュエットが、私に大きな影響を与えました」と懐かしそうに語ります。

木村は、LiLiCoさんの“人生の1曲”が映画音楽だと予想していたものの、その選曲に「スゲェ意外! まさか『グリース』からくるとは思わなかった!」と驚いていました。

次回6月13日(日)の放送は、お笑いコンビ・ミキの昴生さんと亜生さんをゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年6月7日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30〜11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/