スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。8月15日(日)の放送では、「お盆」に関連したメールを紹介しました。

江原啓之



◆ネットニュースで江原さんの記事を読んでいたら…
不思議な体験をしました。ある日、ネットニュースを見ていると江原さんの記事があったので何気なく開いてみました。

内容は、数年前にお父様を亡くされた女性が、江原さんの本を見ていて、たまたましおりが挟んであったところを開くと、まるで亡くなった父親からのメッセージのようだったと。ふと思い出すと、その日はお父様の命日だったという内容でした。その記事には、江原さんの回答として、

「告知したとか、しなかったということについても、死んだ本人は『いいよ、そんなことは』と思っています。もうどちらでもよくなっているのです。悔やんでいるのは、生きている人間だけです」

と書いてありました。心がスッと軽くなったような気がしました。私は父子家庭で育ち、私が20歳のときに父がガンで亡くなりました。最後の入院のときに余命1ヵ月と宣告されましたが、何をどうしていいのかわからず、余命告知をしないまま父は旅立ちました。

江原さんの回答に「亡くなった人は、本や文字で生きている人にメッセージを伝えてくることがある」とあったので、父が私にもメッセージを送ってきてくれたのだと思い、嬉しくなって旦那さんにそのことを話しているときに、ふと気づいたのです。その日は、私の父の命日でした。お父さんが見守ってくれているんだなと改めて感じ、気づかせてくれた江原さんと、投稿者の女性に感謝の気持ちを伝えたいです。ありがとうございました。

◆江原からの言葉
なかなか粋ですね! こういうことってあるんです。それがわかって生きる人生と、そうでない人生では豊かさが違いますからね。

◆江原啓之 今宵の格言
「人は忘れられることが一番悲しいことです」
「思い出を温める。それがお盆です」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。番組サイトまでお寄せください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年8月23日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00〜22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30〜12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/