東京スカパラダイスオーケストラ・谷中敦さん



お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。

8月6日(土)放送のお客様は、東京スカパラダイスオーケストラのバリトンサックス・谷中敦さん。ここでは、今後の目標を語りました。

TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」8月6日(土)放送ゲスト:東京スカパラダイスオーケストラ・谷中敦さん



1966年生まれ、東京都出身の谷中さん。東京スカパラダイスオーケストラのメンバーとして、1989年にデビュー。翌年、シングル「MONSTER ROCK」、アルバム『スカパラ登場』でメジャー進出を果たします。2001年からはゲストボーカルを迎え入れる「歌モノ」シリーズが始まり、谷中さんは作詞も担当しています。

7月27日(水)には音楽ユニット・YOASOBIのikuraさんこと、幾田りらさんをゲストボーカルに迎えた新曲「Free Free Free feat.幾田りら」をリリース。作曲はNARGOさん(トランペット)、作詞は谷中さんが担当しています。


◆“一生スカパラ”宣言…!?

川島:今後の夢や目標を教えてください。

谷中:スカパラのメンバー9人は、まだ満足していないんですよ。「もっとスカパラを知ってもらいたい」「俺らはこんなもんじゃない」って、みんなが思っている気がする(笑)。平均年齢55歳なんですけど、満足していないところが、僕はおもしろくて。

この間のツアーファイナル(「東京スカパラダイスオーケストラ TOUR 2022『BEST OF LUCK』」7月27日(水)中野サンプラザ公演)でも、ファイナルなのに、いろいろとぶっこんでくるメンバーがいるんですよ。ツアーで培ったものを披露すればいいのに、新しいことを取り入れようとしてきて、失敗しているメンバーもいるんですよ(笑)。

川島:(笑)。

谷中:それがむちゃくちゃカッコいいなって思って。

川島:守りに入らないと。でも、それは谷中さんも同じですか? まだまだやれることがあると。

谷中:そうですね。練習したぶん、うまくなれると思って、バリトンサックスを今も練習していますよ。昨日も個人練習していました。

川島:今も練習しているのがすごいですね。

谷中:楽しいんですよ! 努力を楽しめるっていいですよ。疲れない。

川島:ゴールがないんですね。だから生きている以上、ずっとスカパラを続けるということになりますね?

谷中:はい、その通りです!

川島:進化し続ける今後のスカパラも楽しみです!

次回8月13日(土)のお客様は、伊集院光さんです。お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」で聴く
聴取期限 2022年8月14日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey 〜土曜日のエウレカ〜
放送日時:毎週土曜 17:00〜17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/