手島千尋アナウンサーがパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「防災FRONT LINE」。3月6日(土)の放送では、宮城県気仙沼市長の菅原茂さんに「復興の現状と課題」について伺いました。


※写真はイメージです



今年の3月11日(木)で、東日本大震災から10年を迎えます。そこで今回は、被災地の復興の歩み、そして町の現状と課題について、菅原市長の声とともにお伝えしていきます。

被災地の1つである宮城県気仙沼市は、県の北東の端に位置しており太平洋に面しています。東日本大震災では大きな被害を受け、亡くなった方は1,043人、行方不明の方が214人、震災関連死は109人にのぼり、当時の人口のおよそ7万4,000人のうち1.8%の方が亡くなりました。また、津波によって市の4割にあたる2万6,124棟が被害を受け、市の事業所の8割も被災し、市の誰もが津波の影響を受けました。

大きな被害を受けた気仙沼市は、震災後、津波死ゼロを掲げた防災事業や住宅の移転再建、港町・水産の町としての街づくりの事業などを進めています。また、漁業、魚市場、水産加工場、船を造る造船所など、水産関連の産業が盛んです。その特徴を活かして、次のような街を目指すと菅原市長は言います。

「“世界に羽ばたく産業の町”“日本で一番住みたい町”を将来像に掲げたところです。津波と我々は“今後も付き合っていく”というと恐れ多い話ですが、自然との共生が、この町としては基本になると思います。もう一つは、都会の真似はしない。つまり、ミニ東京、ミニ仙台を目指さない。ひと言で言うと“世界の港町”という表現をさせていただきました」

世界とつながる豊かなローカルを目指して復興に取り組む気仙沼市ですが、菅原市長は“東日本大震災から10年を前に、いま、伝えたいこと”についてこう話します。

「よくアンケートに『“風化”していると思いますか?』という質問があります。私はそのことについて、ずっとピンとこないんです。残念ながら風化はしていくんです。そのことを我々の口から『被災地を忘れないで』っていう姿勢は必ずしも適切ではないと思います。

しかし、私たちが発信することはたくさんあると思っています。例えば“災害の怖さ”。震災以降に『気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館』が作られています。そういったところからきちんと発信をしていく、その努力が大切だと思います。また復興の姿については、何について苦しんで、何に失敗・成功したかを発信していくことが私たちに求められていると思います」

私たちは、被災地復興への取り組みや、被災地が伝える災害・防災について、震災から10年を迎えるいま、知っていくことが大切だと感じます。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年3月14日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:防災FRONT LINE
放送日時:毎週土曜 8:25〜8:30
パーソナリティ:手島千尋
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/bousai/