山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」。7月25日(月)の放送は、歌舞伎俳優の坂東彌十郎(ばんどう・やじゅうろう)さんをゲストに迎えて、お送りしました。


(左から)パーソナリティの山崎怜奈、坂東彌十郎さん



坂東彌十郎さんといえば、現在放送中のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に北条時政役で出演中。主演の小栗旬さん演じる北条義時の父親を熱演しています。そのキャラクターはとても愛らしく、れなちをはじめ多くのファンに愛されています。

しかし、歌舞伎に出てくる時政はちょっと違うそうで「歌舞伎ではもう本当に怖くて、悪いおじさんというイメージ。まさに黒幕という感じで、存在しているだけで怖い。史実でもそういう感じになっていますね」と彌十郎さん。

れなちはその片鱗を少しずつ「鎌倉殿の13人」でも感じているそうで、彌十郎さんは「それはたぶん、視聴者の方がそこを期待しているからそう見えるんだと思う」と言い、「悪いことというか、(妻の)りくと2人でやっているところはあっても、最終的に(「鎌倉殿の13人」の時政は)ポンコツですから(笑)」と笑顔を見せます。

これまで舞台を中心に活動してきた彌十郎さんにとって、本格的な連続ドラマへの出演は「鎌倉殿の13人」が初。彌十郎さんは「今日の生放送もそうですけど、電波に乗るということは本当に緊張します。舞台とはまったく違いますからね」と恐縮しきり。

そんな彌十郎さんが連続ドラマへの出演を決めたのは、「鎌倉殿の13人」で脚本を手がけている三谷幸喜さんの一声だったそう。というのも3年前、三谷さんが演出・脚本をつとめたお芝居に彌十郎さんが参加した際、稽古中にフラッと三谷さんが近づいてきて「彌十郎さんは映像の仕事はやらないの?」と言われ、「チャンスがないんですよ」と返答すると、「どこかでやりましょう」と言われていたのが見事実現。ただ、まさかこんなに大事な役を担うとは思わなかったとか。

リスナーからは「時政お父さん大好きです!」など「鎌倉殿の13人」ファンからたくさんのメッセージが寄せられ、なかには「共演する役者はみんな個性が強いですが、仲良くなった方はいますか?」という質問が。

これに彌十郎さんは「みなさんと仲良くなりました」と答えます。コロナ禍でみんなで一緒に飲みに行くことはできないものの、休憩中にいろいろな話をしていると言い「楽しませてもらっています」とうれしそうにコメント。

しかし、コロナの影響は舞台にも及び、彌十郎さんが出演していた「七月大歌舞伎」が、残念ながら7月23日(土)以降全公演中止に。彌十郎さんにとって15ヵ月ぶりの舞台で「役者を50年近くやっていますけど、こんなに舞台から離れたのは初めて」と言いつつ、出演したらしたで緊張はしたものの「舞台に出たらいつもと一緒だった」とも。

ちなみに、今回の彌十郎さんが出演していた舞台の演目は「風の谷のナウシカ 上の巻−白き魔女の戦記−」で、演じていたのは“ユパ”。れなちは「すごくしっくりきます!」と印象を述べていましたが、実際に公演を観た方からも「違和感なくユパ様だった」との声があったそう。「歌舞伎の衣装を使いつつ、なるべく原作に寄せられないか(クシャナ役の)菊之助さんとも相談しながら考えて作りました」と振り返ります。

「鎌倉殿の13人」について、「今後も楽しんでいただきたいですね」とさらなる展開を予感させつつ、テレビなどへの出演については「すごくドキドキしちゃうので」と照れつつも、前向きな姿勢を見せる彌十郎さんでした。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年8月2日(火) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:山崎怜奈
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/