乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」。4月20日(水)の放送では、櫻坂46の小池美波さんと田村保乃さんをゲストに迎えて、お送りしました。


(左から)小池美波さん、パーソナリティの山崎怜奈、田村保乃さん



この日の番組テーマは「あなたはナニ祭り?」。そこで、まずは2人に最近ハマっていることを聞いてみると、小池さんは動物の「フェネック」。もともと動物の動画を観るのが好きで、鑑賞中に関連動画からフェネックを発見。「見た目はキツネみたいで、でも犬っぽくって、猫っぽくもある動物なんですけど……」と解説しつつ、「なつく子となつかない子がいるんですけど、その性格もかわいくて。“飼いたいな〜”と思うぐらい観てしまいますね」とメロメロな様子。

一方、田村さんは「ほっこり系アニメ」。今だと「SPY×FAMILY」や「けいおん!」、「ゆるキャン△」などが好きなのだとか。

櫻坂46は、4月6日(水)にニューシングル「五月雨よ」をリリース。田村さんによると、今回は櫻坂46のこれまでのイメージとはまったく違うそう。「今までは曲調もそうですけど、ダンスが激しかったり、わりとハードな曲が多かったんですけど、今回はすごくやわらかくてやさしい、どこか懐かしいような曲調にもなっていて、私たちにとっては新しい挑戦」と話します。

そして、歌のこだわりについて聞いてみると「櫻坂46になってから、けっこう吐息を入れるようになりました」と小池さん。「歌の初めの言葉を大事にしているんですけど、語尾もホワッとなるように歌ったり、間に吐息を入れたり、あまり無音にしたくないなと思っています」とこだわりを語りつつ、新曲「五月雨よ」に関しては「恋心を天候に例えた楽曲で、そこにぜひ注目して聴いてほしいです」とアピールします。

また、「五月雨よ」はミュージックビデオも今までにない感じで、「ちょっと幻想的な感じ」と田村さん。今回は16mmフィルムカメラを使って撮影をしたため、途中で確認することができず、「完成したときにやっと映像が観れた感じなんですけど、本当にドキドキでした!」と撮影中のエピソードを明かします。

れなちは、昨年12月、櫻坂46の1周年を記念しておこなわれた日本武道館ライブを鑑賞。そのときの一体感とクオリティに圧倒されたそうで、ライブのリハーサルにどれぐらい時間をかけて作り込んでいるのか、2人に質問を投げかけます。すると、小池さんと田村さんからの「全体で詰め込むのは、1〜2週間ぐらい」との返答にビックリ。「ウチ(乃木坂46)は1ヵ月ぐらいかけてやっていますよ……1〜2週間であのクオリティを出せるのはすごい!」と舌を巻きます。

小池さんはライブが大好きだそうで、当日はいつもアドレナリンがいっぱい。そして、「ファンのみなさんがいらっしゃることもすごくうれしいですし、私たちだけじゃなくてファンのみなさんのサイリウムがあってこそ、ライブが完成されるということを、最近あらためて感じる機会が増えました」とその魅力を語ります。

また、田村さんは幕が上がり、ステージに立った瞬間が最もドキドキと高揚感などさまざまな気持ちが錯綜するそうで、「そのときに一番“ライブだ〜”って感じているかもしれない」と話しました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年4月28日(木) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/