放送作家の高須光聖が、世の中をもっと面白くするためにゲストと空想し、勝手に企画を提案していくTOKYO FMの番組「空想メディア」。今回の放送では、お笑いコンビ・さらば青春の光の森田哲矢さんが登場! 長年活躍しているお笑い芸人の諸先輩に対して、森田さんが感じた“人間性の変化”とは?


(左から)高須光聖、森田哲矢さん


◆歳月とともに人間性も変化?

森田:たまに、有吉弘行さんの昔の映像とかを観ていると身が引き締まりますよ。“本来はこういう人やったわ”って。

高須:あるねぇ。

森田:今は俺の言うてることでもえらい笑ってくれてるけど、本来はそういう人じゃなかったなって(笑)。

高須:みんなそうやと思うよ。設楽統(バナナマン)も昔はもっと怖かったし、今もたまにキラーンとした目を出すときもあるけど、“設楽は世の中に合わせた立ち位置で話すなぁ”って思うもんね。

森田:それでも、松本(人志)さんと話すときは一番緊張しますね。

高須:そうなん!?

森田:なんぼ優しくなったとはいえど(笑)。怖さと言いますか。

高須:松本人志の何が怖いの?

森田:なんて言うんですかね……。“一番笑かしにくい”と感じてしまう感じです。

高須:なるほど。

森田:“どこで笑ってくれるのか”が、まだ精査しづらい部分はあるかもしれません(笑)。

高須:そろそろ、全部笑ってくれよなぁ(笑)。

森田:ハハハ(笑)!

高須:俺は“もう頬を緩ませたらええやん”って思ってる。

森田:昔に比べたら、めっちゃ笑ってくれてはいるんですけどね。

高須:もちろん、昔はそんなもんじゃなかったからね。(笑えないことだったら)“あれ?”って顔をされるから。

◆高須光聖が恐れる相手

高須:俺は(明石家)さんまさんと話しているときが怖いのよ。笑ってくれているし、ものすごい優しいのよ。でも、(話しているあいだ)ずっと汗が出てんねん。

森田:(笑)。

高須:それでも、さんまさんは(話を)絶やさずにしゃべってくれてるねん。だけど、それが“見透かされている”感じがしてしまうんよな。それが松本にもある。

森田:ありますね! でも、(思惑を)見せると松本さんは嫌がるから。

高須:うん。「距離間がもっと近付いてこいや」って思うタイプよね。

森田:松本さんは近付いてくれる人のことが好きですよね。

高須:ようわかってんなぁ。だいぶ分析してる。

<番組概要>
番組名:空想メディア
放送日時:毎週日曜 25:00〜25:29
パーソナリティ:高須光聖
番組公式Facebook:https://www.facebook.com/QUUSOOMEDIA/