山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」(毎週月曜〜木曜13:00〜14:55)。11月10日(木)の放送では、みんなの“ヌン活事情”をシェアしました。


※写真はイメージです



世の中をザワザワさせているニュース“ザワニュー”のなかから、気になるものをピックアップする「スピークアップ」。この日のテーマは“ヌン活してますか? 午後のお楽しみ教えて”。

“ヌン活”とは、「現代用語の基礎知識選 2022ユーキャン新語・流行語大賞」にもノミネートされた言葉で、「ホテルなどでアフタヌーンティーを楽しむ活動」のこと。この日はアフタヌーンティーに限らず、みんなの午後の有意義な過ごし方を教えてもらいました。

早速、番組に届いたのは「ヌン活で気になるのは“要予約”の文字。お店に入ったら予約制で入れずショックだった。予約なしでも入れるヌン活はあるの? 地方にもたくさんヌン活できる場所が欲しい!」という切実なメッセージ。

れなちも過去に、日頃の頑張りを労ろうとアフタヌーンティーをやっているおしゃれなカフェに母親と一緒に入ったところ、予約制で入れなかったことがあったようで「事前に調べるのは大事ですよね!」と語ります。

一方、自宅でのヌン活がバッチリというリスナーも。「私は上京後、カフェやホテルでのヌン活が趣味に。ただ、すごくおいしいけどすごく高い。そこで自宅でもできたらと思い、ラベンダー柄の3段のお皿とティーカップのかわいいセットを買ってみた。でも、まだ1度も使ってない……」とのメッセージがあり、「食器って使っていなくても、見るだけで癒されたりもしますよね!」とれなち。

また、「私のヌン活は、おひとりさま専用カフェでおいしいコーヒーを飲みながら、ゆっくり本を読む。ひとり用のカフェだととても静かで、コーヒーを淹れる音がとても心地良くて好き」とのヌン活のススメに、れなちは「おひとりさま用のカフェがあるんですか!?」とビックリ。

さらには「私のヌン活は自転車で川沿いや山に行き、デイキャンプ。自然豊かな場所でコーヒーとホットサンドメーカーで作ったサンドイッチ、本当に幸せ」「仕事が終わった後のちょっとした楽しみは、旦那が帰る前にこっそり一杯やること。それが私のヌン活」「先週末の午後、ゆずジャムを作った」といったヌン活も。

そして、なかにはヌン活ガチ勢も。「ヌン活は予約必須かつ2人以上のところが多いので、普段ひとり行動の私はLINEのオープンチャットのオープンコミュニティに入り、知らない人とヌン活している。知らない人とはいえ同じ趣味を持つ方々なので話も合うし、何よりホテルや高級カフェの素敵な空間で女子とおしゃべりだけでも楽しい。最近はアフタヌーン専門店ができるなど、ヌン活の広がりを感じてうれしいが、価格がどんどん上がっているので頻度を下げざるを得ないのが悲しい」というメッセージが。れなちは「LINEにヌン活コミュニティがあるんですか?」「知らない人と会ってお茶するコミュ力、見習いたい! でも、意外に楽しそうですね」と興味を示します。

そのほか、「私は職場が渋谷で、仕事終わりには『SHIBUYA SKY』へ。仕事の疲れを夕陽に染まった東京が癒してくれる」「僕のヌン活は水泳。週に2回、お昼頃に水泳教室に通っているが、昼の水泳は最高。おかげで肝臓の数値も改善し、いいことだらけ」などさまざまなヌン活が寄せられていました。

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:山崎怜奈
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/