木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。4月のマンスリーゲストには、現在放送中の木村の主演ドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系・毎週木曜21:00〜)で共演している女優・満島ひかりさんが登場。4月17日(日)の放送では、デビューのきっかけや芝居、声の仕事について語りました。



◆小学6年生のときにFolderでデビュー
1985年生まれ、沖縄県出身の満島さん。子どもの頃から空想することが好きで、1人でいることの多い「ちょっと変わった子だった」と振り返ります。そんな満島さんにとって大きな転機となったきっかけは、安室奈美恵さんやSPEED、DA PUMPなど名立たるアーティストを輩出したことでも知られる芸能養成スクール「沖縄アクターズスクール」への入所でした。

小学4年生のときに友達から「一緒に(沖縄アクターズスクール主催の)オーディション(「安室奈美恵を目指せ!NEW・SUPER MONKEY'Sオーディション」)を受けに行こう!」と誘われたことを明かし、「お母さんに話したら『(スクールまでバスで)1時間かかるから、バスに乗る練習がてら行ってくれば?』って言われて行ったら、グランプリになっちゃった」と笑顔をのぞかせます。

続けて、「オーディションで内田有紀さんの『Only You』を歌いました。そのオーディションにテリー伊藤さんがいたんですね。テリーさんが『あの子が良い』って選んでくれたんです」と明かします。

グランプリを獲得するとレッスン料が1年間無料だったこともあり、母親から「無料だったら通えば?」と背中を押され、沖縄アクターズスクールに通い始めた満島さん。沖縄アクターズスクールでのレッスンを振り返り、「本当にエネルギーがすごくて。『自分の恥ずかしいところを全部出せ!』『自分を全部ぶつけろ! 歌え! 踊れ!』みたいな世界で、『何、この解放できるやつ!? 』と思って、めちゃくちゃ楽しかったんですよ」と当時を回顧。

沖縄アクターズスクールで共に切磋琢磨した三浦大知さんについては、「彼は7歳ぐらいからあの状態で、歌とダンスが天才的だった」と言います。当時、そんな三浦さんのことをデビューさせようとしたものの、ソロとしては年齢的にも早すぎたことから、ダンス&ボーカルグループ・Folderを結成することになり、三浦さんと共に満島さんもメンバーに選出されました。

1997年のデビュー以降、沖縄と東京を行き来して多忙な毎日を送っていた満島さん。「お父さんが当時、思っていたことなんですけど、『自分はたくさんの環境をこの子に見せてきたし、いっぱい(一緒に)遊んできたけど、僕のテリトリーにはないものを「やりたい!」と選んできている。今、それを止めちゃうと、この子が大人になったときに、自分はその環境を与えられない。だから、東京に行ってもいいよ』って言われて」と、父親とのやり取りを明かします。

このエピソードに木村は、「すごいお父さんだね。学校の先生としてたくさんの人と接してきたお父さんだからこそ、出せた答えなのかなぁ……すごいね。満島ひかりが大人になったときに、『自分はその環境を用意できない』という、そのジャッジはすごいなぁ」と感心しきり。

そんな満島さんは、小学6年生のときにFolderでデビューし、グループ活動の傍ら、デビュー同年に公開された映画「モスラ2 海底の大決戦」への出演も果たします。

初めての芝居の現場について、「怪獣映画だったこともあるかもしれませんが、映画の現場で大人が全員遊んでいるように見えて。なんか楽しそうじゃないですか(笑)。それで、 『遊ぶ仕事ってあるの?』と思って。(当時はFolderで)音楽をやっていたんですけど、『私も、あの遊ぶ仕事がいいなぁ』ってずっと思っていた」と当時を振り返りました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年4月25日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30〜11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/