本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。4月8日(木)の「社会人意識調査」のテーマは「初対面の人が苦手ですか?」はたして、その結果は……?

番組パーソナリティを務める本部長・マンボウやしろ(左)と秘書・浜崎美保(右)



Q.初対面の人が苦手ですか?

はい 63.5%
いいえ 36.5%
(回答票数983票)

◆「はい」に関する意見
「何も情報がないから怖いです」(東京都 30歳 女性 飲食業)

「営業職なので、初対面の相手が多いので苦手です。毎回、“自分は役者だ!”と思いこんで演じています」(千葉県 39歳 男性 会社員)

「転勤の多い会社です。入社して25年近くなりますが、転勤先に最初の挨拶の電話をすることが未だに慣れません」(東京都 47歳 男性 会社員)

◆「いいえ」に関する意見
「もともとは人見知りですが、人と接する仕事をしてきたことで、適度な緊張は持ちつつも初対面の方への対応には慣れました」(神奈川県 44歳 女性 看護師)

「営業マンをしていました。“苦手”と決めつけるよりも、まずは一度話をして、その人がどんな人か判断することが大事かなと思ってます。その後で、“やっぱり苦手な人だな”と感じたら、それなりの対応ができると思います」(奈良県 42歳 男性 会社員)


【約3人に2人は苦手】
今回の社会人意識調査は「初対面の人が苦手ですか?」というアンケートを実施しました。「はい」と回答した人は63.5%、「いいえ」と回答した人は36.5%となりました。約3人に2人が初対面の人が苦手なようです。

【男性の方が苦手意識あり】
「初対面の人が苦手」と答えた人の割合を見てみると、男女比では「男性」は66.2%、「女性」は59.9%となりました。世代別の割合を見てみると「10代」は82.6%、「20代」は65%、「30代」は60.7%、「40代」は64.6%、「50代」は63.6%、「60歳以上」は58.5%となりました。学生が多い10代は、苦手意識を持つ人が圧倒的に高い結果に。ただ、人生経験を積めば苦手意識が薄れるということでもなく、約6割の人は「初対面の人が苦手」ということがわかりました。

◆詳しいアンケート結果はこちらからご覧いただけますので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

◆次回の放送は4月12日(月)です。「Skyrocket Company」のアンケートの投票はこちらから受け付けていますので、ぜひご参加ください。結果は番組内で発表しますので、お聴き逃しなく!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年4月1日(金)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月曜〜木曜 17:00〜19:48
パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組サイト:https://www.tfm.co.jp/sky/