大久保佳代子がパーソナリティをつとめ、ゲストと一緒にリスナーのお悩みに寄り添い、癒しの時間をお届けするTOKYO FMの番組「KOSÉ Healing Blue」。9月20日(日)の放送は、シシド・カフカさんが登場。リスナーからの相談に応えました。


シシド・カフカさん



<リスナーからの相談>
私は今、接客業に就いて今年で3年目に入ったのですが、このタイミングで転職を考えています。次の転職先は自分の好きな職業に就きたくて、そこは現場職のような感じです。

今は正社員でかなり整った環境でお仕事をしているのですが、その仕事を辞め、また1から始める! ということに踏み出せずにいます。また、シビアな話、お金の問題もあり、なかなか覚悟が決まりません。

お2人なら安定を取りますか? それとも自分がしたい職業に就くことを優先しますか?(ラジオネーム:るなさん)

*  *  *

大久保:よくこういうお悩みをいただくんです。「安定した職業がいいのか、でも自分にはやりたいことがあるからそっちに賭けるべきなのか」という。カフカさんは、自分のやりたいことが今、仕事になっていますよね?

シシド:そうですよね、ありがたいですね。

大久保:迷ったりしたことはありました? 「このままでいいのかな?」「ほかの仕事に就いたほうがいいのかな」とか。

シシド:もちろん、ありました。やっぱり高校生くらいのときに「何か違う道を探っておいたほうがいいのではないか」と思って勉強したりしたんですけど、結局残ったのがこの道だけだったというのはあります。どうですか? 大久保さんなら。

大久保:私は21、22歳の頃にオアシズとしてデビューしたんですけど、正直テレビの仕事が20代のときはほぼなかったんです。その頃はOLでもあるから会社に月〜金で通っていて。経済的にお金がないと暮らしていけないから、会社員をしていたわけですけど、やっぱりどこかで夢をあきらめられないというか。根拠のない自信があって「いや、私はこんなので終わる人間ではない」と勝手に思い込んでいて、ちょっとトリッキーな20代でしたね。

シシド:(笑)。

大久保:なので一応、芸能界を辞めずに片足だけを踏み入れておいたんです。うちの相方(光浦靖子さん)もいてくれたので。そうしたら30歳で「めちゃイケ」(フジテレビ系のバラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」)のレギュラー出演が決まって転がり出したんです。だから20歳じゃない、るなさん。

シシド:そうですね、まだ若い。

大久保:まだ若いから、やりたいことに賭けてみても全然取り返しもつくし、いいような気がしますよね。

シシド:そう思います。まず自分がしたいという気持ちが明確に見えているのだとしたら、それをやってみて後悔しないほうがいいんじゃないかな、とは思ってしまいますね。

大久保:そうですよね。めちゃめちゃ見えていますもんね。現場職というようなことを言っていますけど、それを1回やって、やっぱり違ったなと思ったらまた(やりたいことを)探ってみればいいし。

シシド:また安定して働ける仕事を見つけられるかもしれないし。

大久保:そうこう言っているうちに、好きな人ができてズブズブに恋にハマるかもしれない。

シシド:(笑)、ズブズブ。

大久保:それで仕事どころじゃなくなったりする人生もありますしね。

シシド:そう、それも人生です。

大久保:ということで、大人の私たちが無責任に言っていますが、やりたいことをやってみるのもいいんじゃないでしょうか? 参考にしてみてください。

次回、最終回となる9月27日(日)の放送も、引き続きシシドさんとリスナーのお悩みに寄り添っていきます。どうぞお楽しみに。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年9月28日(月) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:KOSÉ Healing Blue
放送日時:毎週日曜11:00〜11:30
パーソナリティ:大久保佳代子
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/blue/