声優としても活躍中の鈴村健一(月〜木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。3月26日(金)放送の「リポビタンD TREND NET」のコーナーでは、スポーツジャーナリストの古内義明さんに、本日3月26日(金)に開幕する「プロ野球」について伺いました。


※写真はイメージです



エリザベス:春季キャンプとオープン戦を経て、いよいよ本日3月26日(金)からペナントレースが開幕します。春から秋にかけて143試合制のシーズンがおこなわれますが、観客動員数や試合形式などに、いくつかの制限があります。

*  *  *

古内:今シーズンは、東京オリンピックの影響で前半と後半のシーズンになります。オリンピックの影響による7月〜8月の中断期間までに、優勝争いができる順位にいることが、優勝の絶対条件。つまりスタートダッシュに成功したチームが主導権を握るシーズンになりそうです。さらに、試合のない夏場の3週間の過ごし方も、各チームにとって鍵を握ることになりそうです。

また、観客動員数については、巨人は開幕日の3月26日(金)〜4月15日(月)までに東京ドームでおこなわれる9試合について、入場者の上限を1万人にして開催するなど、コロナ対策を設けています。

首都圏1都3県は、緊急事態宣言解除後も引き続きイベントの開催時間を午後9時までと求めているので、プロ野球も午後9時までにゲームが終わるように、延長戦をおこなわず、9回打ち切りが決定しています。延長戦がなくなることで、例年に増して引き分け試合が多くなることが予想されます。

そんななか、勝敗のポイントは、ズバリ投手起用。各チーム継投(リリーフ)が重要になってきます。どこの球団も早めの継投策に出てくるはずです。つまり、リリーフ陣の層が厚かったり、絶対的な自信があるチームが上位に食い込むと予想します。出場選手登録数は、本来の29人から31人に2名増加。べンチ入りの人数も1名増やした26名で、スピーディーな試合運びが期待できるシーズンになりそうです。

山崎:9回打ち切りという新しいルールが、果たしてどういう結果を生むのか。今から楽しみですね!

◆今シーズンのペナントレースの見どころは?

山崎:シーズン前の大型移籍や新人獲得、春季キャンプとオープン戦……これまでの流れをふまえて、セ・リーグ、パ・リーグの両リーグで優勝に近いと思われるチームは?

古内:セ・パ共に、前年度の覇者・巨人とソフトバンクが優勝争いの中心になると予想します。ただセ・リーグは、先発が充実してきた阪神と中日に期待がかかります。今季は伝統の1戦、巨人対阪神が久々にペナントレースの行方を左右するか注目です。

パ・リーグは、千賀滉大投手と柳田悠岐外野手が引っ張るソフトバンクが頭2つくらい抜けた戦力を誇っています。さらに脂がのった工藤公康監督の采配は、今季も磐石と見ています。

台風の目として期待したいのが、マー君(田中将大投手)が復帰した楽天の先発陣、涌井秀章投手、則本昂大投手、岸孝之投手、そして新人王候補の早川隆久投手と、5人の強力な布陣で60勝以上できれば、ソフトバンクの対抗馬として浮上してくるはずです。

いずれにしても、オープン戦からパ・リーグがセ・リーグを圧倒しているなか、日本一を巡る争いは、パ・リーグ優勢が今年も続くのか? それともセ・リーグが巻き返すのか?注目です。

山崎:昨年もパ・リーグ、特にソフトバンクの強さは際立っていましたから、新戦力が加入したチームがどう立ち向かっていくのか、気になるところです。もちろん、セ・リーグも負けてはいられません。5月にはセ・パ交流戦も予定されていますので、その戦いも注目です!

◆今シーズンの活躍が期待される選手は?

古内:バリバリのメジャーリーガーとして、楽天に復帰した田中将大投手ですね。東日本大震災から10年目の節目に、楽天に日本一をもたらした無敗の男が仙台に帰ってきます。

そして、ロッテの未完の大器、佐々木朗希投手。オープン戦でついに実戦デビューしましたが、今シーズン中の早い段階で1軍の公式戦デビューを果たし、いつの日か、プロ野球最速記録を更新したダイナミックなピッチングを期待したいです。

新人では、阪神の佐藤輝明内野手。オープン戦では、6本のアーチをかけて、戦後初、新人でのオープン戦のホームラン王に輝きました。将来、メジャーの挑戦も期待できるスケールの大きい選手です。

他にも、阪神の“右の大砲”大山悠輔内野手、ヤクルトの村上宗隆内野手、巨人の岡本和真内野手、そして広島の鈴木誠也外野手と共に、セ・リーグのホームラン王争いも白熱しそうです。

NPB(日本野球機構)は、今シーズンのスローガンを「誇りを胸に、感謝をプレーに」と決定。今年もコロナと戦うシーズンですが、試合ができること、そして応援してくれるファンのありがたさを実感しながら、11月まで白熱したプロ野球の試合に期待したいと思います。

山崎:プロ野球のシーズン開幕は、春の訪れを感じますよね。プロ野球・ペナントレースは本日開幕です!!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年4月3日(土)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月〜金曜6:00〜9:00
パーソナリティ:鈴村健一(月〜木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/