本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。2月18日(木)の放送は、ゲストに株式会社タイタン代表取締役社長・太田光代さんが登場しました!


(左から)マンボウやしろ、太田光代さん、浜崎美保


◆「身内のことをあらためて振り返れた」
やしろ:爆笑問題さんがタイタンの看板というか、まさに“ザ・タイタン”だと思いますけども。去年からこの1年くらいにかけて、新型コロナもありましたし、田中さんが倒れられたりしたこともありました。それから、太田さんに関しては裁判があったりとか……。

太田:裁判はね、もう何年も続いてるんですよね。

やしろ:お父様のことの?

太田:あれはもうちょっと前からで……2年半ですかね。今回のコロナで、本来は(去年の)2月に出廷の予定だったんですけど、延びて裁判所が止まっちゃって、それであの時期になったんですね。

やしろ:そうなんですね。結構この1年は事務所的にバタバタしていた感じですか?

太田:ただ、このコロナで、ある程度動きがストップしてるわけですよね。だから、本来だったらもっと私が動いていかなきゃいけないなかで、あれだけいろんなことが起きちゃうと、まずいこともあると思うんですけど……今年に関しては“身内のことをあらためて振り返れた”っていう感じになりましたかね。

やしろ:いい意味で立ち止まれたというか。

太田:立ち止まれましたね。そもそも、これまで休んだことがなかったんですけど、緊急事態宣言で、こちらで企画してるものも全部中止になっちゃいましたし、“家から出ちゃいけない”的な感じでしたから……まぁ、あんなに家にいたことがなくて。

やしろ:(株式会社タイタンを)93年に立ち上げてから、約30年弱じゃないですか。

太田:はい。

やしろ:まとまった休みを取るっていうことは?

太田:なかったです。

やしろ:ご夫婦でもないですか?

太田:ご夫婦こそないですね。

やしろ:爆笑問題さんって休まないんですか? お正月休みとかも取らないんですか?

太田:そうですね。あの人たちが取りたくないんですよ。でも田中(裕二)は、結婚してからは「ちょっと休みを……」って言うんですけど、「(決めるのは)私じゃないからね。自分で説得してきて」って。

やしろ:ハハハ(笑)。

太田:とにかく太田(光)が休みを取りたくないんですよ。ちょっと不遇の時代があったんで。それこそあの人、そのときは家から一歩も出なかったですから、数年間。

やしろ:数年間!?

太田:はい。そういうことがやっぱり思い出されるのか、“またああなったらどうしよう”って思っちゃってるのかな。もうね、ゆっくりしてもいいくらいの年齢にはなるんですけど。

◆「気がついたらいろいろなことをやっていた」
太田:そもそも最初は、爆笑問題だけの「爆笑問題カンパニー」として(会社を)やりたかったんですよ。つまり、私には会社を回すような能力がないと思っていたので。だから、自分のアイデアと爆笑問題の能力をうまく融合して、“もし爆笑問題がテレビをやったら、ラジオをやったら、本を出したら……”っていう、爆笑問題だけを考えている会社を作ったつもりだったんですね。

やしろ:会社というよりは、もうマネージメントとして。

太田:そうですね。そういう感覚だったんですけど、だんだんタレントもやっぱり増えてきて、それに伴ってマネージャーももちろん増やさないといけないですし、そうしていったら……普通に会社になっちゃいましたね。

やしろ:じゃあ、“気がついたら会社として始まって、気がついたら大きくなってた”くらいの感じなんですか?

太田:うーん……“気がついたらいろいろなことをやっていた”って感じですね。

<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月〜木曜17:00〜19:48
パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/sky/