脳科学者の茂木健一郎がパーソナリティをつとめ、日本や世界を舞台に活躍しているゲストの“挑戦”に迫るTOKYO FMの番組「Dream HEART」(毎週土曜 22:00〜22:30)。2月13日(土)、20日(土)は、2週にわたってお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さんがゲスト出演。13日(土)放送は、製作総指揮・脚本・原作をつとめた映画「えんとつ町のプペル」制作時の苦労などを語りました。


西野亮廣さん、茂木健一郎



1980年に兵庫県に生まれた西野さん。1999年に梶原雄太さんと、漫才コンビ・キングコングを結成します。西野さんの活動はお笑いだけにとどまらず、絵本執筆やソロトークライブ、舞台の脚本執筆を手がけ、海外でも個展やライブを開催しています。2015年には、東京・渋谷の“ハロウィン翌日のゴミ問題”の娯楽化を提案。区長や企業、500人ほどの一般人を巻き込む異例の課題解決法が評価され、広告賞を受賞。ほかにも「街づくり企画」「世界一楽しい学校作り」など未来を見据えたエンタメを生み出して注目を集めています。そして2016年に絵本「えんとつ町のプペル」を発表。累計発行部数69万部(※2021年2月現在)の大ヒットとなり、2020年12月には映画化もされて話題を集めています。

◆「プペル」の主人公に感情移入してもらうために…

茂木:今回の映画「えんとつ町のプペル」には、(「となりのトトロ」「魔女の宅急便」などのラインプロデューサーをつとめた田中栄子さんが主宰する)「STUDIO4℃」という素晴らしいスタジオが関わっていますね。

西野:最高です。

茂木:だから本当にアニメの保守本流。今回の映画「えんとつ町のプペル」には、何人のスタッフが関わっているのですか?

西野:スタッフだけで言うと、300、400人……もっといるかな? 音楽だけでもすごいいるし、アニメーションだけでもたくさんいる。実は、アニメーションをやる前の、振り付けスタッフもすごいいるんですよ。

茂木:踊りの場面がありますね。ちなみに僕も観て、堀江(貴文)さんは4回泣いたそうですが(笑)。特に冒頭のシーン、すごくないですか?

西野:あのシーン専任のアクションが得意なスタッフさんに入ってもらいました。でもやっぱり、非常に重要だなと思ったのは、僕たちの作品っていうのは、まだキャラクターが認知されていなかったんで。

例えば、ドラえもんとか、ポケモンとか、鬼滅みたいな感じで、すでにテレビ放送された作品の映画化ではないので。全然知らないキャラクターが出てきて、主人公2人に感情移入をしなきゃいけない。しかも結構、最速で感情移入してもらわなきゃいけないってなったら、いきなりこの2人が喋り始めても、話を聞いてもらえないなと思って、アクションってやっぱり非常に重要だなと。“頑張れ!”となるので。だから前半は、結構アクションが多めなんですよ。

◆「やっぱり、最終は絶対世界で」

茂木:今回の映画は、西野さんが製作総指揮、脚本、原作を担当されています。大変でしたよね。

西野:もう、本当に大変でした(笑)。

茂木:どんな感じでした?

西野:やっぱり、全部なんですよ。当然、アニメーションはアニメーションの監督がいて、音楽は音楽の監督がいる。とはいえ、お金のこともやらなきゃいけない、集客のこともしなきゃいけない、当然、作品のクオリティのこともやらなきゃいけない……っていうところで、やらなくていいことが1個もなくて。あと、スタッフ間のコミュニケーション。それは、やっぱりむっちゃ重要でした。

茂木:ズバリ、予算はどれくらいかかりましたか?

西野:7億円か8億円くらいなんですけど、それでは足りないので。これは制作費とか宣伝費があるくらいの予算です。もっとこれを知ってもらうためには、宣伝費がもっと必要だったので。

茂木:なるほど。

西野:なので、自分たちの持ち出しで1億円か2億円くらいは(出しています)。

茂木:ということは、トータル10億円?

西野:ぐらいだと思います。

茂木:元取れたね。興行収入的に言うと。

西野:そんな分かんないですけど(笑)。一応、大赤字とかではないと思いますね。

茂木:だって、英語のWikipediaで「ハリウッド映画」の項目を見ると、予算とボックスオフィス(映画の興行収入)が必ずありますが、予算よりも多く稼いだことが評価になる。となると、(映画「えんとつ町のプペル」は)勝ちつつあるというか。

西野:まだまだここからです。

茂木:ズバリ、目標はどれくらい?

西野:金額はちょっと分かんないですけど、ただ、もうすでに世界40社くらいからオファーはいただいていて。まだ話がまとまっていないところもありますが、まとまっているところはいくつかありますね。やっぱり最終は、そっちなんですよ。絶対世界で。

茂木:アカデミー賞ですか?

西野:いやいやいや(笑)。そこはちゃんと狙いに行こうっていうことで。

茂木:ちょっとこれ、仮定の質問なんですけど、西野さんは「ウォルト・ディズニーを超える」って言ってるじゃないですか。ディズニーからオファーをもらったらどうするんですか?

西野:すぐに寝返りますね(笑)。すぐに、「僕はディズニーで働きます。よろしくお願いします!」って言って(笑)。僕はもう、一瞬で寝返りますから(笑)。



映画「えんとつ町のプペル」は、全国で絶賛公開中です。詳しい情報は、作品の公式Webサイトをご確認ください。

次回2月20日(土)の放送も、引き続き西野さんをお迎えしてお送りします。お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年2月21日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Dream HEART
放送エリア:TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局ネット
放送日時:毎週土曜22:00〜22:30
パーソナリティ:茂木健一郎
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/dreamheart/