(左から)ももいろクローバーZの“れに”こと高城れに、エレキコミックのやついいちろうさん、“かなこ”こと百田夏菜子、番組ナビゲーターの清野茂樹



「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」は好奇心を刺激する“知識”と、日曜夕方を彩る“音楽”をあわせ持った家族で楽しめる『知識+音楽のハイブリッドプログラム』。毎週ゲストをお迎えして、より音楽が色濃くなって、家族でドライブに行きたくなるような1時間をお届けいたします。

1月26日(日)の放送では、お笑いコンビ・エレキコミックのやついいちろうさんをお迎えして、「2020年 注目のアーティスト」というテーマで、楽曲を紹介していただきました。

◆「バンド部門」は、b-flower(ビーフラワー)
清野:b-flowerというバンドは、どこに注目されているのでしょうか?

やついいちろう:いろんなバンドが出ていると思うんですけれど、b-flowerは1985年結成で、89年くらいにデビューだからめちゃくちゃ古いバンドなんですよ。

れに:大先輩!

やついいちろう:たぶん“最古のネオアコバンド”だと思うんですけど、僕が高校生のときに初めて見たバンドなんですよ。

かなこ:そうなんだ〜!



やついいちろう:そのときは、b-flower、スピッツ、フィッシュマンズっていう3組が注目されていて。この3組が“ひなぎく対談”というのをやっていて、“女性的なバンド”みたいな感じで紹介されていたんですよ。

れに:うんうん。



やついいちろう:その後、スピッツはものすごい国民的なバンドになっていくわけで。フィッシュマンズはある種伝説になったけど、b-flowerはそこまでのヒットはしなかったんですよね。98年頃は京都に住みながら活動されていて、メジャーの契約も切れて、10年以上音沙汰がなかったんですけど、2010年ぐらいからちょっとずつ活動再開されたんですね。それで今年、22年ぶりにニューアルバムを出すんですよ。

かなこ:え〜!

やついいちろう:“22年ぶりに出すの!?”みたいな感じで、自分のなかで勝手に熱くなったっていう……そのタイミングでb-flowerのサブスクが解禁されたり、もう1度“再評価”じゃないけど、そういうものになっていくんじゃないかなと思って。

清野:再注目と言ってもいいかもしれませんね。

◆「女性ボーカル部門」は、TAWINGS(トーイングス)
清野:ヨーロッパテイストな雰囲気ですね。

やついいちろう:そうですね、海外のアーティストと同じというか、あまり日本的じゃないですね。

かなこ:洋楽っぽい!

やついいちろう:女性の3人組で、もともとレコードショップで働いていた女の子。“自分でもバンドをやりたい”と思ってやり始めたそうで、女性バンドが良かったから集めたみたいですけどね。

かなこ:やついさんはどこで出会ったんですか?

やついいちろう:ラジオ番組で話すことがあって、それがきっかけでしたね。



かなこ:私も曲との出会いのポイントってラジオが多いんですよね。ラジオでかかっている曲をそのままダウンロードすることが多くて。だいたい移動中とかに(聴いて)、自分のフォルダに曲が増えていくことが多いです(笑)。ラジオを聴いている時間帯が、朝か夕方、たまに夜なんですけど。

やついいちろう:ラジオでかかっている曲って、けっこう自分のなかでもスペシャルな感じするよね。

かなこ:良いですよね! しかも、出会ってる感じするんですよね。

やついいちろう:“運命感”があるよね。

かなこ:運命感ある!



やついいちろう:TAWINGSは、自分たちで全部やっているんだよ。DIYっていうか、ジャケットワークも全部自分たち。「水仙」っていう曲のPVも、自分が監督して作っているんですよ。

清野:そのほうがはっきり出るってことですよね。



◆「ジャンルにとらわれないアーティスト部門」は、サニーデイ・サービス

清野:サニーデイ・サービスは去年も選ばれていましたよね。選ばれた理由は何ですか?

やついいちろう:中心の曽我部恵一さんがすごいっていうのもあるんですけど、曽我部さんと田中さん、丸山さん、3ピースバンドだったんですが、丸山さんが(2018年5月に)亡くなって2人になっちゃったんですよ。“どうなるんだろう?”と思っていたんですけど、何とか2人でアルバムを完成させたんですよ。しかも、“いないっていうことは、いるっていうことだ”みたいな歌を歌っていて、ものすごく感動しました。

“1回、曲自体も解体していく”ような作業をずっとされていて、“このまま終わっちゃうのかな……”と思っていて、そうしたら今年になって「雨が降りそう」がリリースされたんですよ。

かなこ:聴いていて、すごく言葉が入ってくる感じがします。

やついいちろう:(バンドの)歴史を知っているってこともあるんだけど、グッとくるものがあるんですよね。“サニーデイ”という晴れた日の名前を付けているのに「雨が降りそう」という曲を出すとか。いろんな意味で、現在進行形でなく、懐かしくならずに、何年もやってるバンドなんだけど、新しいテイストを常に提示しているっていう意味でもすごいなと思うし。そろそろ新譜が出るそうなので楽しみですね。





----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年2月3日(月)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

〈番組概要〉
番組名:ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週日曜 16:00〜16:55
パーソナリティ:ももいろクローバーZ、清野茂樹
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/clover/