作家・村上春樹さんがディスクジョッキーをつとめるTOKYO FMの特別番組「村上RADIO」(毎月最終日曜 19:00〜19:55)。6月27日(日)の放送は、「村上RADIO〜クラシック音楽が元ネタ(ロシア人作曲家編)〜」と題して、DJ村上さんが厳選した、クラシック音楽の旋律が取り入れられた名曲を、村上さんの解説付きでオンエア。

今回はロシア人作曲家に絞り、アーティストも音楽ジャンルも異なるバラエティに富んだ、村上さんならではのユニーク選曲でお届けしました。この記事では、中盤3曲についてお話された概要を紹介します。


村上RADIO



◆B.Bumble And The Stingers「Nut Rocker」 (くるみ割り人形)
◆Frank Sinatra「Moon Love」(チャイコフスキー「交響曲第5番 第2楽章」)
さて、次はチャイコフスキー(1840年〜1893年)を2曲聴いてください。まずはお馴染みの「くるみ割り人形」の「行進曲」、それをアレンジした曲のタイトルは「Nut Rocker」。B.Bumble And The Stingersという、アメリカのインスト・バンドが演奏しています。1分58秒というずいぶん短い曲で、1962年にリリースされて、アメリカではまずまずのヒットだったんですけど、イギリスではヒット・チャートの1位を獲りました。

それからチャイコフスキーの交響曲5番の第2楽章、これをフランク・シナトラが「ムーン・ラブ」というタイトルで朗々と歌っています。とてもとてもロマンティックなメロディです。アレンジと伴奏はネルソン・リドルが担当しています。

一時期、チャイコフスキーはあまり聴かなかったんですけど、最近、また聴き出してます。どうしてだかわからないけど。年をとると感傷的になるのかもしれない(笑)。

◆Sting「Russians」(プロコフィエフ交響組曲「キージェ中尉」第2曲「ロマンス」)
スティングが、プロコフィエフ(1891年〜1953年)作曲「キージェ中尉」の第2曲「ロマンス」にインスパイアされた「Russians」を歌います。アルバム『ブルー・タートルの夢』に収録されていた曲です。この「キージェ中尉」の第3曲「キージェの結婚」のメロディは、たしかウェス・アンダーソンの映画「犬ヶ島」のなかで、犬たちが行進しながら口笛で吹いていたと記憶しています。ウェス・アンダーソン、かっこいいですよね。なにしろ犬が口笛でプロコフィエフを吹くんだからね。
     


僕は一度、ウェス・アンダーソン監督と青山の居酒屋でお酒を飲んだことがあるんですよ。映画「犬ヶ島」で日本に来たとき。野村訓市さんが映画に関係していたので、一緒に飲みにいったんだけど、かなりはずれているというか、面白い人でした。白いリネンのスーツかなんかを着てきて、かっこよかった。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限:2021年7月5日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:村上RADIO〜クラシック音楽が元ネタ(ロシア人作曲家編)〜
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:6月27日(日)19:00〜19:55(※放送日時が異なる局があります)
パーソナリティ:村上春樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/